09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『城の中の伯爵』バーバラ・カートランド

●『城の中の伯爵』バーバラ・カートランド(サンリオ)
 マリスタの父は、城と領地を賭けた無謀なカード賭博に負け、何もかも失い自殺を図った。あとを負うように母も亡くなり、マリスタと弟妹は領地内の小さなハウスで暮らしていた。そこへ、領地の新しい持ち主であるスタンブルック伯爵の代理人から莫大な家賃の督促状が届く。("Kneel For Mercy" by Barbara Cartland,1982)



 全編、ヒロインの苦労がにじみでる『おしん』のような(古い……)お話でした。けど、本当のおしんはけっこうたくましいんだけどね……。
 苦労の源は、領地を賭けのかたに取ってしまったヒーローってことなんだけど、元々は両親、特に父親の金遣いと浮世離れした気質が問題。誇り高く優しい人だったようですが、「お金はどこからか湧いてくるもの」程度の認識しかなかったらしい、ぽわぽわな人。友だちとか親戚に資金運営のうまい人でもいれば、多分ずっとぽわぽわのままいられたんだろうけど、人には恵まれなかったようです。うーむ、矛盾しているのか、運が悪かったのか(-ω-;)。
 子供たちも基本ぽわぽわなんですが、ヒロインはさすがにやりくりをしないわけにはいかず、弟も一応働く。妹だけがお姫さま。お金がないことは認識してるけど。
 古いタイプのロマンスの典型のようだよね……。シンデレラストーリーだし。ぽわぽわなヒロインが苦労している姿にぐっと来たヒーローが、最後全部引き受けてめでたしめでたし。別の人が書くと、もう少しヒロインの気が強くなって、話にひっかかりができそうだけど(「憎むべき相手を愛するなんて!」という葛藤はかっこうのネタだし)、バーバラ・カートランドのヒロインは弱々なので、スラスラと読めます。
 プライド強すぎるのもなさすぎるのもどうかなあ、と思う自分の狭量さがイヤだ……orz
(★★★)
web拍手 by FC2

tag : ヒストリカル サンリオ ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫