Top Page › 読書の感想 › あ行の作家 › ◆『魔法のキス』E・C・シーディ

2010 · 08 · 11 (Wed) 07:55

◆『魔法のキス』E・C・シーディ

◆『魔法のキス』E・C・シーディ(ヴィレッジブックス)
 ジンジャーは、男運の悪さにほとほと嫌気がさし、自分を変えようと決心する。行動を改めて、着るものも変えて、男断ちする! さっそく実践して三ヶ月、おばあちゃんのようなかっこうにも慣れた頃、元テレビスターでゴージャスな男、カルと出会う。("Pure Ginger" by E. C. Sheedy,2004)
・アンソロジー『キス・キス・キス』("Bad Boys Next Exit")

 派手でセクシーなヒロインですが、自分を「処女化する!」と決意して、地味な服、ノーメイク、ひっつめ髪で変身──というか、変装(^^;)。これで黒縁メガネをかけていたらまさに完璧。
 ヒーローは自分がオープンする映画館を地元で宣伝するため、ヒロインに仕事を頼みたかったのですが、「こんな女にまかせたら野暮ったい宣伝しかしてもらえない」と外見で判断しちゃう。そう思いながら、服を脱がすことも考えているという(^^;)──。
 野暮ったいかっこうをしていても惚れてくれる男が現れてよかったね、というお約束をちょっとHotにまとめたお話です。うーん、楽しい雰囲気だし、ストレートな物言いのヒーローはなかなかよかったんだけど、それ以上でもそれ以下でもないという感じでしょうかね……。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント