09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『モミの木の下で』デビー・マッコーマー

◆『モミの木の下で』デビー・マッコーマー(MIRA文庫)
 クリスマス休暇を早く父と一緒に過ごしたくて、苦手な飛行機にも乗ったのに、大雪のためシェリーは別の空港で足止めを食らってしまう。レンタカーの最後の一台を取り合ったあげく、シェアすることになったのは、ビジネスマンのスレードだった。("Let It Snow" by Debbie Macomber,1986)
・アンソロジー『聖なる夜にあなたと』



 同書収録のリンダ・ハワード『クリスマスの青い鳥』の時にも書きましたが、短編作品は特有の盛り上げや落としどころというのが大切です。
 まあ、どう書いてもいいんですけど、読者はわがままですから、読後感が長編並であることさえ望む。そうなると、代表的な構成といえば、意外なオチを最後にもってくるか、クライマックスのワンシーンのために全力で盛り上げるか──というところでしょうか。「落としどころ」には“オチ”と同時に、長編のようにたくさん書けないですから、“何を省くかというカット技術”の二重の意味があります。
 長編と短編は基本的に書き方が違う、と私は思っています。でも、実はこれ、向き不向きがある。両方書ける人もいるし、どちらかしかうまくない人もいます。それに、いい悪いはありません。両方書けないといけないわけでもありません。ハーレは、短編向きの作家さんって少ないのかなあ、と思うだけ(^^;)。
 余談が長くなりましたが、この作品はクライマックスに向けて全力で盛り上げるタイプでした。ヒロインは、雪で足止めを食ったヒーローを自分の実家に泊めてあげる。クリスマス前のほんのわずかな間の出来事。ヒーローには婚約者がいるので、二人はちょっとキスをしちゃう程度なのですが、それで彼の人生観は変わり、ヒロインの元へ戻ってくる。
 その人生観が変わった瞬間(キスじゃないのがいいんだよね)を短いながらも鮮やかに描写していて、ヒーロー視点がなくてもその時の彼の感動やヒロインへの愛が見えてくる。書けない、あるいは書かないことを利用してこその短編。
 さりげないお話ながら、上質な佳品であります。
(★★★★)
web拍手 by FC2

tag : コンテンポラリー MIRA文庫 ★★★★ アンソロジー

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫