09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『戦士と誇り高き王女』キャサリン・コールター

●『戦士と誇り高き王女』キャサリン・コールター(ランダムハウス講談社)
 916年キエフ。ヴァイキングの商人メリックは奴隷市場でやせこけた少年を見かける。ひどくみじめな様子なのに瞳は美しく、眼光が鋭い。メリックは太った商人に買われていく少年に追いすがった弟らしき子供を買い、その夜、商人の家から少年も救い出す。("Lord Of Raven's Peak" by Catherine Coulter,1994)
・〈ヴァイキング〉シリーズ第2作



 タイトルですでにネタバレなんですけど、いいのかな(^^;)。まあ、すぐにわかることではあるんですが。
 つまり、少年──ヒロインのラーレンは王女さまというか、初代ノルマンディー公ロロの姪。二年前に弟(ロロの継承者第二位)とともに誘拐されて、奴隷として売り飛ばされてしまったのでした。そこには当然、陰謀がある。それとともに、ヒロインが連れていかれたヒーローの故郷で起こる殺人事件についても謎があります。
 相変わらずコールターのヒロインは強い。前作『戦士と美しき人質』のヒロインも強かったけど、こちらも負けていません。「わたし」より「わらわ」が似合いそうな女の子(18歳)。ヒーローも強いんですが、女性が奴隷じゃなくても虐げられる時代の強い女子というのには、存在感で勝てない(24歳と若いし)。ヒーローとしての優しさを描くと、どうしてもそうなっちゃうよね……。でもこの図式、嫌いじゃありません。むしろ、思いっきり強い女性が読めるのが楽しい。人によってはきついかもしれないけどね(´∀`;)。
 例によって展開は限りなくシュガーレスなんですが、途中で二人が結婚したあと、ちょっとだけ甘かった。でも、すぐ元に戻ってしまった(^^;)。謎ときが忙しい。とにかく怪しい人が多すぎる。みんな動機がありそうで、なかなか気が抜けない。
 けど、ヒロインが巻き込まれた殺人事件の犯人は、あの人であってほしくなかったなあ。いや、それしかないとは思ったんだけど、そう思いたくないというか……ヒロインと同じ気持ちになりました(・ω・`)。
 詩人としての才能もあるヒロインが語る物語も面白かった。作家兼演出家兼俳優であるこの頃の詩人はスターだったのね……。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ランダムハウス講談社 ★★★☆ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫