Top Page › 読書の感想 › キム・ローレンス › ◆『悲しい嫉妬』キム・ローレンス

2010 · 09 · 06 (Mon) 13:49

◆『悲しい嫉妬』キム・ローレンス

◆『悲しい嫉妬』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 結婚3年目の記念日にもかからわず、夫のフィンは帰ってこない。エミリーが彼のオフィスに向かうと、そこには前妻のミーヴと仲良くシャンパンを酌み交わす夫の姿があった。("The Marriage Secret" by Kim Lawrence,2001)
・ハーレクイン・ロマンス・エクストラ『愛は激しく甘く』(短編集)

『大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション』の一編。
 読み始めて、「あれー、読んだことある……」と思ったら、2007年に出た『愛は激しく甘く』という短編ばかりを集めたアンソロジーに入っていたものだったのね。家のどこかにあるはず……多分。ルーシー・ゴードンが入ってるからとってあるはずなんだけど、うーん見つからない……。
 それはさておき。あらすじからして「ひどい!」という話ですが、そのまんまです。でもヒーローは一応誠実で、ヒロインをとても愛している。問題は、彼が「それで充分じゃん」と思っているところ。こいつ、自分が前妻との関係を疑われると「僕を信じてない!」とかって怒るくせに、妻だったら話しとくべき秘密を打ち明けてなかったんだよ。それってヒロインを信頼してないって言えない? 言えるよね? ものすごく言えると思うんですけど(-"-;)。
 まあ、夫婦というか、家族として一緒に暮らす場合、最低限の価値観くらいは確認すべきではないかと。これがズレていると、確かにヒーロー自身悪いことをしたとは思っていないわけだから、全然噛み合わなくなっちゃう。ヒロインも気づくのが遅いというか、我慢しすぎです。
 しかも、これからもヒロインが押し切られていきそうで……いくらハッピーエンドでも、夫婦の行く末に不安を感じる話は後味が悪いよね(^^;)。
(★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

こんばんは。

私がこのお話読んだ時は頭にきて怒りのままに感想を書きました(笑)
そうなんですよね、ヒーローが信じてくれないと言いながら自分はヒロインに何も話そうとしない!
それって信じてませんよね!
そんなの「僕を信じろ」なんて言う資格無いと思うんですけどね。
そこがもう頭にきちゃってしょうがなかったです。
前にも似たような秘密を持ってるヒーローの話を読んだ時、そのヒーローもヒロインに何一つ話そうとせずに自己完結しちゃってて、やっぱり頭にきましたね~。
2010-09-06-23:24

コロネ http://pub.ne.jp/hananira/URL [ 返信 * 編集 ]

短いのに腹が立つ(^^;)

 コロネ様
 このヒーロー、だいぶ無神経ですよね(^^;)。自覚や悪気がないから、余計にたちが悪い。
 不誠実な人ではないけど、女心を理解させるまでは時間がかかりそうです……。
 ご感想、読ませていただきましたよ。ほんと、「ムカついた」という感想をDSで送れたら、と思います。ひとことでもいいから、思ったとおりのこと送りたい。
2010-09-07-07:32

三原白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]