Top Page › 読書の感想 › シェリル・ウッズ › ◆『ボストンのシンデレラ』シェリル・ウッズ

2010 · 09 · 15 (Wed) 09:17

◆『ボストンのシンデレラ』シェリル・ウッズ

◆『ボストンのシンデレラ』シェリル・ウッズ(ハーレクイン)
 テキスタイル会社の重役ジェイソンは、ある日見知らぬ女性から、道端で突然殴られる。高校生の弟に盗品を売りつけた悪党だと決めつける彼女──ダナに対して、激怒するジェイソン。一方ダナは、彼の会社が広告代理店から依頼された仕事のクライアントだとまだ知らなかった。("Love" by Sherryl Woods,1992)

『ハーレクイン・リクエスト シンデレラに憧れて』の一編。再読です。
 うーん、この作品はつまらないというより、プロットとか構成に難がある。割と長い作品なのですが、それに収まっていないのです。
 お話としては、とんでもない出会い方(いきなり殴るのはどうかと思う。殴り返されたら危ないし)をして、普通なら違う世界に住む二人が惹かれあう、というシンプルなものなのですが、そこに絡めたヒーロー両親と祖父、そしてヒロイン弟のことがうまく機能してないんだよね。弟の話と祖父のおせっかいはいいとしても、ヒーロー両親のことは明らかにいらない。だって、結局何が何だかわからないんだもん。思いっきり不穏な空気をうやむやなままで終わってしまう。
 冒頭にはプロローグがついてて、それが物語の1年後って設定なんですが、最後まで読んで読み直すと「ハァ?(゚Д゚)」って感じになります。エリザベスって誰だよ!?(^^;) この人のこと、一つも触れないで終わったじゃないですか。別にスピンオフの話があるってこと? いや、それにしてはヒーロー70歳近いわけで……。
 ヒロイン弟がプロローグに出てこないのも、変だよね。っていうか、これもいらないよね……。両親のエピソードとプロローグにはものすごく付け足し感があるのです。それとも両親のスピンオフもあるのかな。
 ──と思って調べてみたら、やっぱりもう一冊『初恋の名残』という作品があって、それが両親と祖父のロマンスらしい。じゃあ、それを読まなきゃ全然わかんないじゃん(゚Д゚)! 長い物語の前編だけ載せたってことでしょう? わかるはずないよ……orz あったら意味不明になるプロローグくらい、せめて省くべきではないかな?
 ていうか、分割しちゃいかんものを分割するな! 根本的におかしいよ!ヽ(`Д´)ノ 最後まで読ませろ!
「続きあり」みたいな注意があればまた違ったかもしれないけど(しかしそれはそれで 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 だけど)、これでは読者を混乱させるだけだよなあ……。
(★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント