09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『悩める伯爵』アン・アシュリー

●『悩める伯爵』アン・アシュリー(ハーレクイン)
 レベッカは、社交界入りを控えた美しい娘だが、祖父と名付け親に愛された気性はおてんばそのもの。あまりの奔放ぶりを見かねた名付け親の息子レイン伯爵ドラムによって、厳しい寄宿学校へ入れられてしまう。それを恨んでいるレベッカは、七年ぶりに帰郷する彼への復讐心を募らせていた。("The Earl Of Rayne's Ward" by Anne Ashley,1997)



『ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ 華麗なる貴族たち』の一編。再読です。
 ヒロイン、復讐と言っても本気ではなく、単なる仕返しです。年の差はあるけど、幼なじみでしょうかね。ヒーローは彼女の後見人でもあるのですが。
 アン・アシュリーはこれを読んだ時に、ヒーローの愛人の扱いが地雷というか、ちょっと腹が立った記憶があったので、再読をためらっていました。読み直してみたら、地雷ってほどではないかなあ、でも微妙……(-ω-;)。愛人のところに行った時、ヒロインへの気持ちを自覚していたかどうかがよくわからないから。ぶっちゃけ地雷は二股(三股四股でも)だけとも言えるので、せめて気持ちを自覚したら一途でいてほしいんだよね……。
 完全な地雷にならなかったのは、ヒーローのせいとも言える。だってー、あんまり悩んでいない。タイトルに偽りありなような……。いや、悩んではいるのですが、私のツボにははまらなかった。苦悩するヒーローが大好物だから、『悩める伯爵』なんてタイトルだったら泣いて喜びそうだけど──なんかガミガミ口うるさいのばかりが印象に残ってしまってね(´∀`;)。昔のメモにも、「もっと悶々としてほしい」と書いてあったよ。今回もそこら辺は同じ感想です。萌えないと思い入れが少ないので、地雷に大きなリアクションをする気にならない(´-ω-`)。
 でも、作品の出来自体は決して悪くないのよね……私は萌えないってだけで。ヒロインはけっこうかわいらしいんだけどなー。ヒーローにピンと来なかったよ。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫