Top Page › 読書の感想 › ら行の作家 › ◆『公爵に片思い』リンダ・ターナー

2010 · 09 · 26 (Sun) 19:26

◆『公爵に片思い』リンダ・ターナー

◆『公爵に片思い』リンダ・ターナー(ハーレクイン)
 モンテベロ王国王宮の庭師の娘セリーナは、あるパーティーで公爵のレイフと夢のような一夜を過ごした。彼女は自分の身分を明かさずに立ち去ったが、ほどなくして妊娠していることがわかる。一方レイフは、名前しか知らないセリーナのことをずっと探していた。("Royally Pregnant" by Linda Turner,2001)
・アンソロジー『夢見るシンデレラたち』
・ミニシリーズ〈王家の恋〉プロローグ

 シルエット・ラブストリームのアンソロジー『夢見るシンデレラたち("Crowned Hearts")』の一編。再読です。
 苦手なロイヤルものですが、その中でもこういうロイヤルものにする意味があまりないものは特に苦手です(^^;)。
 ミニシリーズのプロローグだから、しょうがないのかもしれないけどね。メインの話じゃないってことだよね、つまり。
 ロイヤルものであることを無視すれば、愛ある結婚を望むヒロインと、妊娠させた責任をとって結婚しようとするヒーローとの攻防戦。頑なに自分の気持ちを認めようとしないヒーロー……。そこら辺の異常なプライドの高さが、王子様(公爵だけど)ってことなんだろうね。
 でも、何だか言い争ってばかりで、胎教に悪そうなお話でした(^^;)。二人を引き合わせたヒロインの友人でもある王女も、あまりうまく立ち回っていないしなあ。ラストのまとめ方も、ちょっと強引だった……。
(★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント