Top Page › 読書の感想 › キム・ローレンス › ◆『甘美な嘘』キム・ローレンス

2010 · 10 · 17 (Sun) 13:11

◆『甘美な嘘』キム・ローレンス

◆『甘美な嘘』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 家庭の事情で昇進の話を断ったナタリーは、事情をわかってくれない社長ラファエルへの愚痴を同僚にこぼしていたところ、それを彼に聞かれてしまう。口論になる二人だが、そこへナタリーの娘が入院したとの電話が入る。("Rafael's Proposal" by Kim Lawrence,2003)
・アンソロジー『マイ・バレンタイン 2006 愛の贈り物』

 再読です。再読しても、冒頭の二人の口論が、何だかよくわからない……。
 ヒロインは母子家庭で、娘のための時間を取るために昇進を断って、それに対してヒーローは「もっと仕事できるはずだろ!?(もっと自分の能力を生かしなさい)」と怒ってるらしい。自分で断ったのに、何だか閑職に追い込まれてヒロインもモヤモヤしている、ということらしい。
 うーん、両方の言い分もモヤモヤさ加減もわかるけど、それを読まされる私としては、「ケンカは私のいないところでして」という気分になるかしら(´∀`;)、というところ。
 後半はなかなかいいんだよね。ヒーローが次第にヒロインの家庭の事情をわかってきて、離婚した元旦那の鼻を明かしてやろう、という気分になってくるとか。
 だからますます、冒頭のケンカは必要だったんだろうか、という気分にもなります。ていうか、ちょっと長すぎるんだと思うんだよね。二人の現在の関係がわかれば充分なんだから、とっとと娘の病院へ二人で駆けつけるシーンに行ってほしかったなあ。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント