Top Page › 読書の感想 › シャロン・ケンドリック › ◆『一夜の記憶』シャロン・ケンドリック

2010 · 10 · 18 (Mon) 10:12

◆『一夜の記憶』シャロン・ケンドリック

◆『一夜の記憶』シャロン・ケンドリック(ハーレクイン)
 モデルのジョゼフィーンは幼なじみのブレイクと再会し、熱い一夜をともにした。だが、彼は何も言わずに去り、その後元恋人とよりを戻し婚約する。傷心のジョゼフィーンはブレイクのいとこと結婚したが、一年後に破局する。("In Bed With The Boss" by Sharon Kendrick,2005)
・ハーレクイン・ロマンス・エクストラ『愛は激しく甘く』(短編集)

 再読です。最初に載っている『悲しい嫉妬』はDSハーレクイン版で読みました。
 ヒーローの行動が意味不明……。まあ、「素直じゃない」ってだけなんですが、傍から見てると「バッカじゃないの?(-ω-;)」というくらいのとっちらかりです。
 自分のルールを乱すヒロインから遠ざかろうとして矛盾した行動をとりまくり、というヒーローってことですね。こういうヒーローって、ヒロインがかわいそうじゃなければ楽しいんだけど、これはかわいそうだった。もっと優しく助けてあげればいいのに、恩を売るみたいな態度しか取れないのが不器用というか、もどかしいというか(・ω・`)。
 だいたい宙ぶらりんの婚約者の人にも悪いじゃないですか。まったく──自分のことしか考えてない奴!(`Д´)
 でも短編なので、ヒーローへのうちのめしも少ない感じで、ちょっと物足りない。
(★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント