Top Page › 読書の感想 › ローリー・フォスター › ◆『熱い砂の上で』ローリー・フォスター

2009 · 01 · 16 (Fri) 10:27

◆『熱い砂の上で』ローリー・フォスター

◆『熱い砂の上で』ローリー・フォスター(ハーレクイン)
 商談へ向かうために乗った船の上で、アダムは幼なじみのメラニーと再会するが、突然の嵐に襲われて、二人は船から海へ転落してしまい、無人島に流れ着く。
・アンソロジー『サマー・シズラー2002 真夏の恋の物語』

『サマー・シズラー2002 真夏の恋の物語』の一編。
 幼なじみものって好きなんです♪ 特に小さい頃、男の子が女の子のことを好きだったからいじめちゃって、それ故互いに「嫌われてる」と思いこんでる、というすれ違いものが。
 この作品はまさにそうで、いい大人になったのについつい昔のくせでヒロインをからかってしまい、その反応を見て落ち込むヒーローと、昔のまま自分をさえない女の子としかヒーローは見ていないと落ち込むヒロインのお約束すぎる対比がじれったくていい感じです。
 私の好みとしては、ヒーローはもっと意地悪でも全然かまわない。っていうか、もっと意地悪がいい! ちょっと物足りない。ツンデレ好きなので。
 外国の話では、日本人が書くようなツンデレのヒーローはあまり出てこないと思うのですが──ヒロインはいたけど。アイリス・ジョハンセンの奴! 女子のツンデレは万国共通か?
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント