01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

●『ローグ・ジェラードの陥落』ステファニー・ローレンス

●『ローグ・ジェラードの陥落』ステファニー・ローレンス(二見文庫)
 どしゃ降りの雨の中、たどりついた宿でジェラード子爵ローグは10年ぶりに幼なじみのリディアと再会する。彼女は変わり者の妹のため、密かにある計画を立てていた。("The Fall Of Rogue Gerrard" by Stephanie Laurens,2008)
・アンソロジー『めぐり逢う四季(きせつ)』"It Happend One Night"



 冒頭のメアリ・バログによる「読者への手紙」によると、四人の作家が、同じ設定──
「十年間音信不通となっていた一組の男女が、再会する。偶然同じ宿に泊まりあわせ、二十四時間をともに過ごすことになる」
 そして、四人が四季のそれぞれを担当する──というヒストリカルの短編アンソロジーです。トップバッターはステファニー・ローレンス。

 ヒーロー、ずっとずっと好きだったヒロインが近所の放蕩者の屋敷に忍び込んで、妹の手紙を盗んでくるって聞いただけでめちゃくちゃ動揺します。怖いことをいろいろ考えてしまい、協力せざるをえない。
 タイトルを『欧米型ヘタレ男の遅すぎる決意』と変えたい。
 ひと目惚れしたくせに、初めてのキスしたあと「無防備になるのが怖かった」から全速力で走って逃げてそのまま10年とか、どんだけヘタレなんだよっ(-ω-;)。(ていうか、何このマンガみたいな思い出(^^;))
 異様にプライドが高いくせに、どうして逃げることを自分に許すのか──私にはそれがよくわからない。
 ……負け戦だからか(´ω`;)。絶対に負けるとわかっているから、最初から戦わない、ということですね。やっぱり欧米のヘタレ男は打たれ弱いなあ。負けても「あきらめない」という選択肢があるんだよ? わかってんの? そんなに好きなら、それくらい覚悟しろよ、と言いたいね。
 その覚悟ができないところがヘタレの所以ですか……orz 萌えない……。こいつら、ほんと萌えない連中だ。どうしようもないろくでなしだ。
 とはいえ、そういう奴がヒロインから戦いを挑まれて、なすすべもなくボロ負けするところは萌えるんだけどさ。前段階で腹立つことが多すぎて相殺しちゃうんだよね(^^;)。困ったもんだ。
 しかし、今回は陥落シーンがわずかばかり勝りました。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★★★ アンソロジー

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫