Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2010) › □『マチェーテ』

2010 · 11 · 13 (Sat) 06:30

□『マチェーテ』

『マチェーテ』“Machete”2010(11/6公開)
 麻薬王トーレスに妻子を殺された元メキシコ連邦捜査官のマチェーテは、現在不法移民としてテキサスで日雇い労働に身をやつしていた。ある日彼は、謎の男から“仕事”を依頼される。私欲のため、移民の弾圧を謀る悪徳議員マクラフリンの暗殺。だが、それは罠だった。(監督:ロバート・ロドリゲス、イーサン・マニキス 出演:ダニー・トレホ、ミシェル・ロドリゲス、ジェシカ・アルバ、ステイーヴン・セガール、ジェフ・フェイヒー、ドン・ジョンソン、リンジー・ローハン、ロバート・デニーロ他)

 ああ、やっと正しいバカ映画が見られた──orz
 めっちゃ人が死にまくります。手や足や首が飛ぶ飛ぶ。ベッドの下で目玉焼きができるし、裸で寝かされても女子は風邪をひかないし、ネルシャツ着たらメキシコ人だし、ナースはみんなミニスカだし、しかもマチェーテ、メールしないのだ!ヽ(`Д´)ノ(けど、やればできる子)
 もうほんと、勢いだけだよな(´∀`;)、と見てる最中もつっこんでしまうくらいなのですが、それもまた「エキストラのバイト、楽しそー」という感じで──あ、ジェシカ・アルバ演じる移民局の捜査官が、防犯ビデオの映像をマスコミに持ち込んでいるのを見て、つい「あー、アメリカはこういうことできていいなー」(ちょっと棒読み)と思ったですよ(^^;)。
 それにしても、ミシェル・ロドリゲスはどうしてあんなに男前なのか──。マチェーテは別にしても、誰よりも男らしい。ラスト近くのかっこよさったら!(あれは日本の某アニメ映画を意識してると思ったけど) ロマンスのヒーローなど足元にも及びません。「男」の進化形を「ミシェル・ロドリゲス」にしたいくらい。
 しかし、この画像は何だ!(゚Д゚) ほんとに本人なの!? 別人じゃないのかよ!? かわいいじゃねえか!
 見終わった時、ロバート・ロドリゲスには「ミシェル・ロドリゲスをとことん男前に撮るだけの映画」というのを作ってもらいたい、と思ったけど、この画像を見たら、ヒーローもヒロインも彼女でいいじゃん、と思いました(´д`*)。
(★★★★)
[Tag] * ★★★★

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント