10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『運命がほほえむ日』リンゼイ・アームストロング

◆『運命がほほえむ日』リンゼイ・アームストロング(ハーレクイン)
 通訳サービス会社に勤めるアレックスは、急病になった中国語の通訳の代わりを突然頼まれた。スキー旅行から帰ったばかりの姿で依頼人マックスの元へ向かうと、仕事時だけでなく、社交の場でも通訳を頼みたい、そのためには、もっと洗練したかっこうをしてほしいと言われる。("The Billionaire Boss's Innocent Bride" by Lindsay Armstrong,2008)



 あらすじだけだと、ダサいヒロインにケチをつけて変身させる金持ちヒーロー、という図式が見えますが、実際には違う。
 ヒロインはまだ大学を卒業したばかりで若く、内勤だったので、あまり身なりに気を遣う必要がなかったという女性です。とはいえ、この面接時にメガネをはずした顔を見て、ヒーローは惚れたらしい。
 きちんとしたかっこうをすれば、とても美しい女性です。仕事をするうちにヒロインもヒーローに惹かれていくのですが、そこへヒーローも今まで知らなかった息子が現れる。元恋人の母親がどうしても彼に預けるしかなくて、連れてきたのです。
 通訳だったはずが、いつの間にか幼い息子のナニーになるヒロイン。やはり両親がそろっていた方が子供のためだろう、という雰囲気に自分の気持ちを押し殺す。
 ハーレクインをじっくり読んでいくと、実は甘々な話なんてそんなになかったり、ヒーローがマジでひどい奴だったり、ほんとにハッピーエンドなの? と疑う作品もありますが、これを読んで思ったのは、

「ヒーローとヒロインが(一時的だけど)真面目にお別れするものが、実は少ないんじゃないか」

 ということ。
 ヒーロー、ヒロインのことを愛しているけど、息子のためを思って元恋人との結婚を考え始め、それをきっぱりと告げる。自分の気持ちを予期せずとはいえ伝えていたにもかかわらず、彼女もそれを受け入れ、ちゃんとお別れをする。
 いや、もちろんこういうお別れがないとは言いませんが、何となく雰囲気的に愁嘆場というか修羅場というか──怒って飛び出して幾星霜とか、「君はまだ僕の妻だ」「えーっΣ(゚Д゚;)」みたいになっている記憶の方が強烈。でもこの作品では、まるで仕事の契約切れ時のような抑制漂うはっきりとしたお別れシーンだったので、かえってとても悲しかったです。
 そのあとの解決法というのは、特にヒネりもなく現実的なものですが、結局はヒロインが現れたことで、息子にとってかえってよい環境ができたのではないかなあ。子供には両親が、というのも正しい考え方だと思うけど、気持ちを偽って両親が結婚生活を続けることも子供を傷つけるだろうしね(一生知られないようにするのもしんどいしさ)。
 ヒーローが私の大好物「自分は彼女にふさわしくないのではないか(´・ω・`)」な人だったのもツボでしたよ(´∀`)。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2019年10月 | 11月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫