10
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『愛を演じる二人』ヘレン・ビアンチン

◆『愛を演じる二人』ヘレン・ビアンチン(ハーレクイン)
 オーナーシェフとしてレストランを経営しているララは、共同経営者に金を持ち逃げされ、富豪の継父に助けを求めた。だが、その数時間後に彼は母とともに事故で亡くなる。借金返済の期限が迫る中、遺言の内容を聞くため弁護士事務所へ赴くと、継父の息子ウルフと再会する。遺産は検認が済むまで使えないと知ったララは、彼に援助を申し入れた。それに対する彼が出した条件は、意外なものだった。("Purchased: His Perfect Wife" by Helen Bianchin,2008)



 ヘレン・ビアンチンのヒーローは「見かけによらず優しい」のかどうか、確かめるために何冊か読んでみる予定。続けて読むと話が混じるので、間は空けますが。
 この作品のヒーローも、優しかったです。いや、優しいというより、「ひどいことを言わない」と言うべきか(^^;)。何だか人間として当たり前のようにも思えますが、あまりカッとなって暴言を吐いたりしない人。ヒロインは自立心が強く、プライドも高いので、けっこう煽るようなことを言うのですが、挑発に乗らない冷静さで、全体的な印象としては、傲慢に見えて実は不言実行の「無口な人」。黙ってヒロインのろくでなしの実父を遠ざけたり、持ち逃げされたお金を取り戻したりしてくれます。
 遺言の内容から、将来自分と彼女の子供たちが揉めそう、と思い、「だったら二人が結婚して子供作れば問題ないじゃん」と考えて、ヒーローから持ちかけた契約結婚ですが、読み終わると働きすぎて疲れているヒロインの世話を焼きたかっただけではないか、と思えてくる。ヒロインは初めて会った時から彼に憧れていたし、他に選択肢がないので結婚を承諾しますが、十代の頃にはねつけられたことがいまだにしこりになっています。
 内容的にはとてもよかったのですが、ちょっと淡々とした感じになっているのが惜しいかなあ。それが悪いわけでもないんだけど、うーむ。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2019年10月 | 11月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ MIRA文庫 コンテンポラリー ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫