Top Page › 読書の感想 › あ行の作家 › ◆『ミステリー・ラバー』ヴィッキー・L・トンプソン

2009 · 01 · 17 (Sat) 22:29

◆『ミステリー・ラバー』ヴィッキー・L・トンプソン

◆『ミステリー・ラバー』ヴィッキー・L・トンプソン(ハーレクイン)
 突然の暴風雨にB・Jは近くの洞窟へ逃げ込んだ。そこに幼なじみのジョナスも避難してくる。洞窟は暗く、互いの姿が見えない。B・Jは自分とは違うセクシーな女性を装って、ジョナスを誘惑する。
・アンソロジー『サマー・シズラー2002 真夏の恋の物語』

『サマー・シズラー2002 真夏の恋の物語』の一編。
 ローリー・フォスターのが「好きな幼なじみもの」だとすれば、こっちは「嫌いな幼なじみもの」。近くにいすぎて妹としか見ていないヒロインの想いそっちのけで女の子と遊びほうけるヒーロー──私の地雷(T_T)。
 基本的に鈍感なヒーローが嫌いなんですよ。こういう他のことには気が回るくせに、肝心なところがダメな奴って、特に。一見、ひどい奴には見えないけど、ヒロインを傷つけたことには変わりない。昔彼女にボーイフレンドができた時も自覚しなかったくらいなんだし。ヒロインの気持ちはいかばかりか。エロいことされて目覚めました、じゃ信用できないよ。
 けど、ヒロインは簡単に許すんだよなあ。「謝ってるし悪気がなかったんだから」としても手ぬるさを感じてしまう。ヒロインのかわりに半殺しにしたいよ。彼女に片思いをしていた男にボコボコにされればいいんだわ!(そんな男、出てこないけどさ(^^;))
 まあ、嫌いとはいえ、幼なじみものは基本的に好きだから、いいんですけどっ。
(★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント