Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2010) › □『仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&W feat.スカル MOVIE大戦CORE』

2010 · 12 · 22 (Wed) 19:05

□『仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&W feat.スカル MOVIE大戦CORE』

『仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&W(ダブル) feat.スカル MOVIE大戦CORE』2010(12/18公開)
 照井と亜樹子の結婚式の当日。一緒にヴァージンロードを歩いてくれるはずの父がいないことに腹を立てた亜樹子は、謎のヤミーが持つガイアメモリの力で、10年前の父の姿を見る。一方、歴史上もっとも欲深い人間として鴻上ファウンデーションにより甦らされた織田信長は、映司と知り合い親しくなるが、彼は急速に現代の欲望を吸収していく。

 あらすじを珍しくちゃんと書いてみたり。しかし他は省略。
 ダブルのパートは、亜樹子の父親・鳴海荘吉──仮面ライダースカルの話です。
 ツッコミどころはもちろん多々ありますが、なぜ亜樹子の結婚式に来られないのかという泣かせる理由もきっちりとあるし、何よりスカル役の吉川晃司がかっこいい(´Д`)! ちゃんとハードボイルドな男になっているなあ。同年代からものすごくうらやましがられそうな役だ……。
 お祭り映画だとしても、これはなかなかの出来では、と思ったのですが、そのあとのオーズがね……orz
 テレビの『仮面ライダーオーズ』はいつも楽しく見ているのですが、それとちょっと乖離している部分とかお話の薄さとか──まあ、大人の事情(´ω`;)があるのもわかりますが、バレエは……あの重なるバレエは何でしょうか? 他は何とか言い訳できても(いや、できないかもしれないけど(^^;))、あれだけはどうにもしようがないほどイミフな部分だと思うのですが。自然に「ぷぷっ」て笑ってしまったよ(´д`;)。
 アンクの出番も少なくて、もうっ!ヽ(`ω´)ノ ダークな脇役スキーな私ですから、もちろん今年のお気に入りはアンクなのに!
 オーズパート(COREもね……)がトホホな感じだったので、全体的には甘めなまあまあってとこなのですが、おやっさんのかっこよさに☆をおまけ。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント