02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

◆『情熱の烙印』ナリーニ・シン

◆『情熱の烙印』ナリーニ・シン(ハーレクイン)
 ジェスは、生まれ育った牧場を守るため、裕福な牧場主であるゲイブとの契約結婚を承諾した。隣人だったのにほとんど知らないも同然の彼と結婚──だが、愛が入り込まなければ、かえって安全かもしれない。だが、結婚式直前にかつての恋人が妻と別居したことを知り、ジェスの心は揺れる。("Bound By Marriage" by Nalini Singh,2007)



 ラストの数ページで、実はラブコメだったとわかりました(´ω`;)。いや、正確には、最後だけラブコメかな?
 ヒーローの気持ちがつかめなくて、ずいぶんと複雑でめんどくさい奴だなあ、と思っていたら、本当は超過保護で、失うことへの恐怖に耐えられなくて、自分の深すぎる愛情を頑なに認めないという男だったとは!
 あと数ページしか残っていないところで「ちゃんとまとまるのかな……」と不安になったんだけど、それが見事なオチになっていました。再読甲斐のありそうな作品だ。
 とはいえ、それだったらもう少し萌える展開が欲しかったな、とわがままを言いたくなってしまった。少しヒロインと元恋人(ていうか幼なじみ)に枚数を割きすぎだ。こんな男は適当に処理しておいて、二人のすれ違いを! 噛み合わない感情を! 思わせぶりな会話を! これらをもっともっと欲しい、と思ってしまったよ。
 過保護ヒーロー大好きな私としては、ちょっと不満も残りましたが、それもラスト数ページがとってもよかったからなんだよねえ。ようやくヒーローの本質がわかったヒロインが、搦め手で彼を説得するところなんて、すごくおかしい。偉そうな口を叩いているけど、あっさり尻に敷かれているラストが微笑ましかったです(´∀`)。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    01月 | 2020年02月 | 03月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ ロマンス以外 角川文庫 ★★★☆ ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫