09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『いつか愛の言葉を』アン・メイジャー

◆『いつか愛の言葉を』アン・メイジャー(ハーレクイン)
 画家のストーミーは、幼い頃に父から引き離され、活動家の母が主催する女性だけのコミューンで育った。初めての個展の日、ギャラリーに見知らぬカウボーイを見かける。彼は暴漢に襲われたストーミーを助け、二人は酒の勢いで一夜をともにするが、朝になると彼は姿を消していた。("Married To The Enemy" by Ann Major,1992)



『大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション』の一編。
 ヒロインの父も母も少し困った人で、世間知らずの彼女は翻弄される。だいたい、この両親はどうして結婚したんだろう? いや、夫のガチガチな男尊女卑に傷ついた結果ということなのかなあ。どっちにしろ、間にはさまれた娘はいい迷惑。
 父親の牧場や財産を巡ってのサスペンスが若干入っています。ヒーロー(名前はジョナサン)に罪を着せようとしているけど、犯人や展開は丸わかり。いろいろ起こって派手ではありますが、見え見えで昼メロテイストです。前もアン・メイジャーの作品に同じようなことを言った気が(^^;)。
 ヒーローの頑なさにも、萌えないとあまり腹が立たないのですよね(´-ω-`)。
 けど、世間が考えるハーレクイン・ロマンスってこういうものなのかも、と今思った。甘々か昼メロ、みたいな。DSのラインナップとしては、無難なのかもしれない。甘々なものは何だ? 甘々……甘々なのは……あんまりないような(´ω`;)。
 砂吐きそうなハーレが読んでみたいぞ! あるのかな?(´∀`;)
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫