09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『アマルフィ 女神の報酬』

『アマルフィ 女神の報酬』2009(11/1/3放映 フジテレビ)
 外交官の黒田康作は、イタリア旅行中に誘拐された矢上紗江子の娘の捜査に関わるうち、これは単なる身代金目的の誘拐事件ではないのでは、と疑問を抱く。(監督:西谷弘 出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、福山雅治、佐藤浩市、他)



 あらすじ、仮面ライダー映画よりもやる気が見られず……orz
 録画しちゃったよ、いつ見ようかなあ、と迷っていたら、
「早く見て、ハードディスクから消したい!」
 と言う家族に背中を押され、今日見ました。
 かなりひどい、つまらない、織田裕二がいつもと同じとか、いろいろ言われていたので、トンデモ映画を期待して見たのですが、そんなに楽しいトンデモもなく(´ω`;)……結論としては、ネタになるほどのひどさもない、単なる面白くない映画でした。
 とにかく演出がたるい。セリフのタメが長い。無駄あるいは意味のないシーンが多い。物語のテンポがのろい。伏線やバーター(コアラのマーチとか)があからさま。普通はラスト近くになるとストーリー展開が早くなるはずなのに、この映画はどんどんゆっくりになっていきます。お茶の間なので、ソファーでダラダラ「もう~、まだ終わらないのぉ~?(´д`;)」とリアルな叫びをあげながらの観賞。これがすごく面白かったせいだよ! 読まなきゃ見なかったよ!
 織田裕二が演じた外交官黒田康作(テレビドラマになるそうですね)は、ジェームズ・ボンドと『24』のジャック・バウアーを足して2で割ったような人(怒鳴らないジャックって感じ?)にしたかったんだろうけど、そもそも足されてないし! ただの織田裕二でしたよ(^^;)。佐藤浩市もそうだったなあ……。天海祐希はデカかったなあ……。
 でも、ちょっと驚いたのは、話(脚本ではなく、大筋ってことね)が思ったよりもまともだったこと。観光案内も含めていらんところを全部削って、矛盾点を直して、必要なシーンをきっちり入れて、俳優も説得力ある演技をすれば、見られる映画になったはず。多分、別の映画になるけど──って、結局まともな話じゃないってことか?(ノ∀`) そりゃ脚本家クレジットなしってのも、ねえ(^^;)。
 あと、撮った分はもったいないから、たとえピンボケの映像であろうと全部使おうみたいなせせこましさがあるんだよ。「せっかくイタリア行ったんだから!」みたいな(行ってない旅行のビデオを延々見せられる気分に似てる?)。けどこの話、アマルフィというか、イタリアを舞台にする必要性ないよね?
 映画第2弾(!!)の「アンダルシア」も同じ扱いですか?
(★☆)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫