01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『まやかしの社交界』ヘレン・ビアンチン

◆『まやかしの社交界』ヘレン・ビアンチン(ハーレクイン)
 ジアンナとフランコは、互いの祖父母が築いた会社の存続のため、政略結婚をした。だが、ジアンナにとって夫は、十代の頃から憧れていた存在であり、愛されていないと知っていてもそばにいたい人だった。華やかで贅沢な暮らしや、やりがいのある仕事もある。これ以上望んではいけない、と彼女は思っていたが、フランコの元愛人が離婚をし、二人の前に現れてから、気持ちが変わっていく。("The High-Society Wife" by Helen Bianchin,2005)



 ヒロインはずっと不安に思っていますが、ヒーローはちゃんと彼女を愛しています。
 けど、ちょっと物静かすぎる気が。ヘレン・ビアンチンのヒーローはそれがいいところでもあるんだけど、この作品ではもう少し口を滑らしてほしいと思ってしまった。
 ヒーローの元愛人ファムケ(昨日TVでやってた『007/ゴールデンアイ』ファムケ・ヤンセン見て、絶対こういうイメージだよな、と勝手に想像)は、何だか知らないけど根拠のない自信を持ってヒロインを攻撃していきます。夫婦のスケジュールを把握し、行く先々に姿を現したり、タイミングを計って意地悪なメールを出したり。普通にストーカーです(^^;)。ヒーローからきっぱり拒否されて効果なしなのか、ヒロインを集中して攻撃。彼女も黙っていないけど、妄想に溺れているし自信のなさが伝わるのか、あきらめてくれない。
 ヒーローの視点が少ないので、ヒロインが不安になってるのにほったらかし、みたいにも思えてしまうし、何か優しいことしてくれても「罪ほろぼしかしら!?」と考えちゃうヒロインの気持ちにひっぱられてしまう。
 好みの設定だし、ファムケのキャラがなかなか不気味でよかったんですが、何かがもうちょっと……足りない。ヒーロー視点かなあ。特に、どんなふうにヒロインのことを好きになったか知りたかったわ。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫