Top Page › 映画の感想 › 旧作の感想 › □『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』

2011 · 01 · 08 (Sat) 15:59

□『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』“The A-Team”2010(Blu-ray)
 ハンニバル・スミス大佐を始めとする特殊部隊「Aチーム」は、イラクに招集され、バグダッドからゲリラが持ち出そうとする米ドル紙幣の原版を取り返すことになる。ハンニバルの大胆な作戦は成功したかに見えたが、その直後、命令を出した上官の車が爆発し、原版も持ち去られてしまう。罪を着せられた4人は、汚名をすすぐために再び結集する。(監督:ジョー・カーナハン 出演:リーアム・ニーソン、ブラッドレイ・クーパー、クイントン・ジャクソン、シャールト・コプリー、ジェシカ・ビール他)

 元のテレビドラマは、アメリカでは1983年から、日本では1985年から放送されていました。
 十代中頃からはたち前後の私は、大量に放送されていたこの手の海外(といってもほとんどアメリカ製)テレビドラマにどっぷり浸かっていたのでした(歳がモロバレですな(^^;))。特に好きだったのは『白バイ野郎ジョン&パンチ』『刑事スタスキー&ハッチ』『刑事コジャック』『ナイトライダー』『超人ハルク』──はうぅ~、キリがないっす(´д`;)。本放送ではなく、深夜等の再放送で見たものもあるし。
 でも実は、『特攻野郎Aチーム』も見ていたはずなのですが、よく憶えていないんだよね……orz 『冒険野郎マクガイバー』『エアーウルフ』も同時期にやっていて、ごっちゃになってる。しかし、「野郎」が多いね(´ω`;)。エアーウルフの日本での正式タイトルが『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』だっていうのも、今回調べて初めて認識したよ(エアーウルフの前に何かついてたなあ、くらいだった)。
 だから、なつかしいかどうかは全然判断できなかったり(´∀`;)。アクションものとして普通に楽しみました。ドラマを知らない人が見ても、問題ないです。バカかと思えばけっこう知的で、キャラクターがちょっと変、というバランスがいい感じです。
 家族から聞いて笑ったのが、FPSゲーム『コール オブ デューティ』シリーズをやっている人の中には、
「わー、リアル『コール オブ デューティ』だー!」(うろおぼえ)
 というセリフがあったから、という理由だけでこの映画を見に行って、
「ほんとに言ってた!」
 と喜び、それだけで満足、という話。そんなにCoD好きか……。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント