01
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

◆『再会は憎しみに満ちて』インディア・グレイ

◆『再会は憎しみに満ちて』インディア・グレイ(ハーレクイン)
 デザイナーのタムジンは、イギリスラグビーチームのユニフォームデザインを手がけた。初お披露目である試合で、対戦チーム選手の一人、アレハンドロを見つけ、息をのんだ。かつてイギリスのチームにいた彼に愛を捧げようして拒絶された過去が甦る。でもなぜ彼は、私に憎しみの目を向けるの? 捨てられたのは私なのに──。("At The Argentinean Billionaire's Bidding" by India Grey,2009)



 ヒーロー、珍しくスポーツ選手。しかも、ラグビーとポロ。さらに珍しくアルゼンチン人。
 運動音痴の私には、ラグビーはおろか、ポロなんてもっとわからず。馬に乗るってことぐらいしか。ラグビー選手がポロもやるというのが、普通なのかどうかもわからん。ハーレでスポーツ選手がヒーローというのは、あんまり思いつかない。元選手で今実業家、というのはあったと思う(調べた。アイスホッケーだった)けど、現役かつ実業家(プロスポーツチームのオーナーでもある)だからね。……実業家ははずせないのか?(´ω`;)
 ヒーローはイギリスチームから脱退したというか、させられたのは、ヒロインにはめられたから、と誤解しています。監督の娘で、貴族のお嬢様。お金と色仕掛けで仕事もとったと思われている。
 ヒーローの思い込みが頑なで、最初のうちはヒロインも喧嘩腰だったので、ちょっとギスギスしてた……。ヒロインがだんだん素になって努力家の面が見えてきて、ヒーローの思い込みが空回りし始め、誤解が解けたあたりで猛反省。ここら辺は面白かったです。
 最後にやっぱりすれ違い行き違いがあるけど、派手なプロポーズはいかにもスポーツ選手らしい。ついスーザン・エリザベス・フィリップスのシカゴ・スターズを思い浮かべてしまうけど。
 面白かったけど、もっと反省してほしかったなあ。割としている方だとは思うけど、あそこで土下座(比喩です)しないのは、やはりプライドの問題だと思うので、そこが気になったわ。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    12月 | 2020年01月 | 02月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★☆ ロマンス映画 シリーズ 創元推理文庫 ロマンス以外 ★★★★ ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ★★★★☆ MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫