09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『戯れの恋におちて』キャンディス・ハーン

●『戯れの恋におちて』キャンディス・ハーン(二見文庫)
 1813年ロンドン。〈未亡人救済基金〉の理事であるマリアンは、友人から聞かされた情事話に感化され、愛人を作ろうと思い立つ。亡夫とは幸せな結婚生活を送っていたが、どうも一つだけ欠けたものがあったようなのだ。マリアンは、さっそく亡夫の親友──そして今は自分の親友でもある隣人アダムに、愛人候補者について助言を求める。("In The Thrill Of The Night" by Candice Hern,2006)
・〈陽気な未亡人〉シリーズ第1作



 読んでいるうちに、何だか頭の中で別のものに変換されていく……。幼なじみとか同級生とか同僚とかの腐れ縁カップルが「今のこの心地よい関係を壊したくない」みたいな意気地のない足踏みに振り回される話に。
 けど、こういう話は嫌いなわけじゃない。むしろ好きなんだけど、ちょっとズレると大嫌いにもなっちゃうんだよねえ。どうなると嫌いかっていうと、二人が自分の気持ちを頑なに認めようとしない状況をしつこくひっぱったり、不自然であったり、作者の意図が見え見えだったりすると。
 この作品ではそう思ってしまった。ヒロインが再婚しないで愛人を欲しがる気持ちが不自然というか、よくわからなかったよ。いや、書いてあることはわかるけど、それだけって感じで……。
 ヒーローも、ヒロインの愛人作りを邪魔したりするのですが、そのやり方のガキっぽさに苦笑。高校生じゃないんだからさ(^^;)。傍から見ている友だちには丸わかり。ズバリと言われても気づかないって、それは鈍感と違う。
「お前、バカだろ?」
 と言われてもどこがバカだかわからないというバカになっています。
 多分、展開が全然切なくないところが萌えない最大の理由だと思うんだけどね。なんかこう、何年も揉めてていつも同じことのくり返しのバカップル話みたいなうんざり感がそこはかとなく漂う……。
「あの二人、やっとくっついたの? あ、そう(-ω-;)」
 こんな程度の雰囲気の(´д`;)。
(★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫