Top Page › 読書の感想 › ヘレン・ビアンチン › ◆『忍び寄る悪夢』ヘレン・ビアンチン

2011 · 03 · 02 (Wed) 07:40

◆『忍び寄る悪夢』ヘレン・ビアンチン

◆『忍び寄る悪夢』ヘレン・ビアンチン(ハーレクイン)
 ファッションデザイナーのイレーナに、ギリシアの金融王と言われるサンドロが声をかけてきた。仕事で成功している彼の次なる目標は、誠実な女性と結婚して家庭を作ること。だが彼女は2年以上、男性とのつきあいに距離を置いてきた。元婚約者から挙式直前に暴力をふるわれ、その時に言われた言葉が忘れられないのだ。そして、彼はそのとおりにイレーナを脅してきた。("The Greek Tycoon's Virgin Wife" by Helen Bianchin,2007)

 元婚約者の暴力って何!?(´д`;) と怖がる人もいるでしょうが、原題を見れば一目瞭然。地雷はありません。これはネタバレ? それとも、テンプレ?
 それはさておき、元婚約者はたちの悪い奴で、ストーカー(2年間ずっと見張ってたっぽい?)。ヒロインは、「ほかの男とつき合ったら、おまえを殺す」と脅されています。忙しくしていて、ずっとその気にもならなかったんだけど、ヒーローの登場で窮地に陥る。
 彼女が脅迫や無言電話、待ちぶせされたりするのを知ったヒーローは、ヒロインと婚約したとマスコミに発表して、元婚約者をおびきだそうとする。彼女とは一緒に住み、ボディガードもつける。
 例によって、優しくするのはお芝居だと思って心を痛めるヒロインですが、何とも思っていない女にこんないろいろなことしてくれるわけないよね(´ω`;)。騎士道精神からの単なる親切だったら、手なんか出さないだろうし。
 とはいえ、ヒーローもはっきりと言わないので、元婚約者が逮捕されたら、ヒロインから出ていってしまうわけです。「何で!?(゚Д゚)ポカーン」と思ったのではないか。「これで幸せになれるって思ってたのに!」って。
「ちゃんと言わないとダメだ」と悟ったヒーローががんばってめでたしめでたし。
 口数は少ないけど優しいヒーローは安心のビアンチンクオリティ。派手さはないけど、定期的に読みたくなるね。
(★★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント