09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
   

●『真夜中にワルツを』ジャッキー・ダレサンドロ

●『真夜中にワルツを』ジャッキー・ダレサンドロ(二見文庫)
 殺人事件の捜査をきっかけにボウ・ストリートの巡査ギデオンに心惹かれた伯爵令嬢ジュリアンは、身分違いとあきらめていたが、あることをきっかけに彼の警護を受けることになる。だが、彼女は親に決められた公爵との結婚を2週間後に控えていた。("Seduced At Midnight" by Jacquie D'Alessandro,2009)
・〈メイフェア〉シリーズ第3作



 基本的にヒーローヒロイン二人がずーっとムラムラ悶々とするお話です。
 ヒーローの方が身分が低いとその点をどう解決するのか、というのが気になるものですが、この作品については他に大きくひっかかる点があり、それがどうしても払拭できないまま終わってしまった。
 それは、あらすじに「あること」と書いたヒロインがヒーローに近づくために施した手段です。ご近所(高級住宅街メイフェア)で起こった殺人事件の聞き込みに来た彼に会って、ヒロインこう思ってしまった。

「うちでも何か怪しいことがあったって言えば、彼がまた来てくれる!」

 ──無邪気な嘘といえばそうなのかもしれないけど、人が一人殺されているわけですよ。その人(女性)とヒロインは親しくなかったようですが、少なくともご近所であるのは確か。そんなに高潔な女性ではなかったかもしれないけど、彼女の死を嘆いている人はいるはずなんだよね(一応根拠あり)。「早く犯人を捕まえてほしい」「彼女の無念を晴らしてほしい」と願ってだっているでしょう。万が一願ってなかったとしても、それでも人の命は重いものです。
 その捜査を妨害するための嘘ってどうなの!? 自分の親しい人が死んでんのにこんなことされたら、腹立つよね? そうだよね!?
 まあ、結果的にその嘘から真実が見えてきて、という方向に行ったし、その「嘘をついた」ということを最後にはヒーローに告白して許してもらってもいるんだけど、それは単なる結果です。私がどうしてもいやだったのは、ヒロインが一度も殺された女性のことを考えなかったということ。「嘘をついた」ことは後悔しても、「殺された女性をダシにした」ということは気にしない、というのがどうにもねえ……(-ω-;)。
「彼女の死のことを全然考えない嘘をついてしまった、どうしよう」と自分でちゃんと気づいたのならば、世間知らずのお嬢様(もうほんとお嬢様。犬に毛皮のコート着せたりして)の恋故の過ちとして許せたかもしれないけど、そのことはどさくさにまぎれて忘れられているような雰囲気。だが、私は忘れないぞ!ヽ(`Д´)ノ コマい奴と言われようともっ。
 このシリーズは前2作(『夜風はひそやかに』『琥珀色の月の夜に』)が面白かったので、ちょっとがっかりしてしまった……。次のヒロインも、ちょっと頑なな感じで不安だ……。読むけどねっ。
(★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : ヒストリカル 二見文庫 ★★☆ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★☆ ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ヒストリカル ライムブックス ★★★★ ★★★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫