09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『熱砂の花嫁』リン・グレアム

◆『熱砂の花嫁』リン・グレアム(ハーレクイン)
 母が秘密にしていた巨額融資の相手が、ラシャドだなんて──ティルダは母のうちあけ話に愕然とした。バカール王国の皇太子である彼とは、義父にむりやりナイトクラブで働かされていた頃につきあっていたが、突然彼は豹変し、それから五年……。返済を待ってもらおうとラシャドに会いに行ったティルダに対し、彼の冷たい瞳は変わらぬままだった。("The Desert Sheikh's Captive Wife" by Lynne Graham,2007)
・ミニシリーズ〈非情な恋人〉第1作



 なぜかリン・グレアムのシークものには、シークにつきものの違和感がありませんでした。どうして?
 それは多分、シークである前に「リン・グレアムのヒーロー」だから。シークだろうと貴族だろうと大富豪だろうと、ギリシア人でもイタリア人でもイギリス人でもアメリカ人でも、そしておそらく(書いてないだろうけど)日本人でも、ヒーローは「リン・グレアムのヒーロー」であろうと思われます。強い。個性が強すぎる(´д`;)。ダメな人はダメというのが丸わかりの強さ。私は「こういうものが読みたい!」という時にハズレがないので、好きですが。
 ヒーロー、嘘の信用調査を信じて誤解しまくりヒロイン責めまくりの赤っ恥です。全部でっちあげだとわかっているヒロインはその時を待っていた。まさに「ギャフン」と言わせる瞬間を。
 けっこう意地悪ですが、すべてわかった時のヒーローの態度に傷つく。平謝りして、彼女の言うことを全部聞けばいいのに、どうして逃げちゃうかね(^^;)。
 ヒロインがそれまでの不満をぶちまけて、ヒーローが申し開きできないシーンは面白かった。でも……いつも思うけど、リン・グレアムには爽快感が欠けるんだよね。いや、ハーレはたいていそうですが(^^;)。ヒーローを本当のヘタレにはしない。ここら辺はファンタジーだなあ、と思います。
 リン・グレアムに男前のヒロインがいたら、完璧なんだけどなあ、とつい考えてしまうけど、それは無理な注文……?
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫