09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『誘惑のチェス・ゲーム』リン・グレアム

◆『誘惑のチェス・ゲーム』リン・グレアム(ハーレクイン)
 つらい過去を抱えたキャシーは、仕事をかけもちしながら大学の勉強をしている。息抜きは清掃員の仕事をしている時、オフィスビルの一角に飾られた高価なチェス盤の駒を一手動かすことだ。そんなキャシーの前に、見知らぬ勝負相手──セルジョは突然姿を現した。「実世界でチェスの試合をしよう。もしきみが勝てば、僕はきみのものだ」("The Italian Billionaire's Pregnant Bride" by Lynne Graham,2008)
・ミニシリーズ〈非情な恋人〉第3作



『熱砂の花嫁』『あの朝の別れから』に続く〈非情な恋人〉の最終話で、イタリア人大富豪がヒーロー。
 ヒーローの鬼畜傲慢ぶりは、前二作と比べて特に上がっているわけではありませんが、ヒロインがちょっと弱かった……。性格自体はそんなに弱いわけじゃないんだけど、つらい出来事がたくさんあって、少しひるみがち。彼女の苦労に比べたら、基本的に甘ちゃんヒーローの苦労など屁でもないという感じです。やっぱり人の話を聞かないヒーローと、そんな奴に流されるヒロインに、ちょっとイライラしてしまった。彼女もいろいろ傷ついているから仕方ないとは思いつつ。
 それから、ラスト近くになって、ずっとヒロインを疑っていたヒーローが「信じる」と言い出したのは唐突だったなあ。きっかけがあったんじゃなく「よく考えてみたら」という理由──どうせなら、その考えている時の心境を読みたかったです。そうだね。もっとヒーロー視点が欲しかった。ここら辺もそうだけど、ヒロインと別れていた間とか。

 ところで、これは作品には直接関係ないけど──間にいくつかはさんでも、同じハーレ作家のをいっぺんに読むのは、話がごっちゃになるリスクが高いような気がします(^^;)。それとも、それだけリン・グレアムが強いのか?
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ シリーズ

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫