09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▲『裏切りの月に抱かれて』パトリシア・ブリッグズ

▲『裏切りの月に抱かれて』パトリシア・ブリッグズ(ハヤカワ文庫FT)
 自動車修理工のマーシィは、普通の人間に見えるが、実にコヨーテに変身することができる“ウォーカー”。隣人のアダムは人狼の頭で、他にもたくさんの人外生物が生きている中、マーシィは少し特殊だ。工場のバイトに雇った少年が殺されたことから、アダムを助け、昔暮らしていた人狼の群れを頼ることになる。そこでかつての恋人サミュエルと再会する。("Moon Called" by Patricia Briggs,2006)



 一応ロマンスに入れておきましたが、実際はHOTシーンもなく、ヒロインを巡って二人の人狼の立ち位置が決まって終わり、というお話。
 けど、ヒロインなかなかおモテになる。コヨーテに変身する彼女はとても珍しいので、周囲の人外(人狼、ヴァンパイア、魔法使い、フェイ(妖精?)など)から“規格外”みたいに扱われ、疎外感を持っているんだけど、二人の人狼だけでなく、他にも好感を持っている者もいそう。とはいえそれは、特に人狼にとっては「非常に理想的な繁殖相手」だから、というのもあり、彼女としてみれば複雑な気分。
 ロマンスというか、アダムの群れの「抗争」を巡る謎に、ヒロインの初恋の思い出を添えて、という感じです。読み終わって、なぜか赤川次郎を思い出した。いや、赤川さんの作品を読まなくなってだいぶたちますし、最近は『三毛猫ホームズ』をマンガで読む程度なんですが──ヒロインの一人称のせいかなあ。ラノベというより、コバルトみたいな……。いいかげんなことを言っているような気もしますが(^^;)。
 けど、面白いことは確かなんですよ。他にもこういう「実は人外がいっぱい人間と一緒に生活してるんです」な話はあるけど、いまいちのものも多い。どう違うのか?
 生活感かなあ、と思うんですが。適当な書き方では、そういう感じ方はできないんだよね。一人称だし、ヒロイン自身の魅力(さばさばした姉御肌)もあると思うけど。
 けど、一人称故にヒーローズの視点がないのが残念……。後半、展開のスピードが落ちたようにも感じた。謎解きが説明くさかったかなあ。
 キャラと全体に漂う雰囲気はとてもいいんだけど。惜しい……。続きは読みたいけどね。

[3/22追記]
 書いておこうと思って忘れてた。この作品はアメリカが舞台なんだけど、ロンドンから来た人狼のしゃべり方が関西弁だった! クィーンズ・イングリッシュが関西弁……いや、これはもしかして、京言葉? それなら何となくわかるけど、普通のイギリス人が出てきたら、どう訳すつもりなんだろうか(´д`;)。
 訳者の人も苦労しますなあ。
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : パラノーマル ハヤカワ文庫 ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫