Top Page › 読書の感想 › ま行の作家 › ▼『御曹司の恋人』マリーン・ラブレース

2011 · 04 · 27 (Wed) 15:10

▼『御曹司の恋人』マリーン・ラブレース

▼『御曹司の恋人』マリーン・ラブレース(ハーレクイン)
 大学に通いながらウエイトレスをしているサブリナは、今自分が働いている食堂を買い取ろうとがんばっていた。小さな頃、家族で放浪生活を送っていた彼女の将来設計は堅実で完璧だったが、ある日アラブ人の友人を連れた石油会社の御曹司ジャック・ウェントワースが店に現れたことから、その計画は乱れていく。("The Mercenary And The New Mom" by Merline Lovelace,1999)

『ハーレクイン・リクエスト 億万長者との恋物語』の一編。
 一応初出がシルエット・ラブストリームだし、サスペンスなんだろうけど──黒幕が超バレバレなんですけど!(´д`;)
 気にする方がおかしいの? いや、「ロマンスなんだからサスペンスなんか二の次でいいだろ」と言われればぐうの音も出ませんけどね(´ω`;)。でも私は、わかった上での展開の工夫とか、わかっちゃう人に対しての配慮等こそが作品の読みごたえに通ずると思っているからさあ、話の先が全部見えちゃった上にそれもないんじゃ、読んでてあんまり楽しくないのよね(´・ω・`)……。
 ヒロインはその黒幕がわからなくて、逃げ回ったりしてたらしいんだけど、わかっている読者からするとちょっとおバカさんに見えちゃうわけです。そんなふうに思わせないための配慮ってことなんだけどね……orz
 それにやっぱり、シリーズもの(作家競作らしい)の一編らしくて、最後の方に関係者がぞろぞろと出てきたよ! スピンオフのあらすじを説明する部分は、日本映画のバーター丸出し商品&企業ロゴ大写しみたいな居心地の悪さを感じます。
 こういういろいろな思惑が絡む作品が難しいのはわかっていますが、私はわがままなのでね……すみません。
(★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント