Top Page › 読書の感想 › リン・グレアム › ◆『憎しみの代償』リン・グレアム

2011 · 05 · 04 (Wed) 12:11

◆『憎しみの代償』リン・グレアム

◆『憎しみの代償』リン・グレアム(ハーレクイン)
 両親を若くして亡くしたセアラは、ずっと育ててきた十代の妹も失ってしまう。妹は嘘つきだとレッテルを貼られて死んだのだ。妊娠は嘘だと言ったあの男──残された赤ちゃんの父親の兄、アレックス・ターザキスによって。私は彼を決して許さない。("Bond Of Harted" by Lynne Graham,1995)

『ハーレクイン・アニバーサリー・コレクション 恋の相手は…?I』の一編。
 おおう……楽しかったです。定番中の定番(しかし大好物)の契約結婚ものだけど、二人の気持ちのすれ違いにかなり泣きツボを刺激されました。リン・グレアムのヒーローは、ヒロインのこと好きすぎてアホっぽいくらいがちょうどいいよね!ヽ(´ω`)ノ
 道徳観や価値観の違うきょうだいを持つと苦労する、というお話です。妹が死んでしまうのはかわいそうだけど、彼女も正直でなく、姉であるヒロインにいろいろ迷惑をかけていた。そして、一番たちが悪いのはヒーローの弟で、嘘つきな上に自分の子供を兄に押しつけて悪気なし、という(-"-;)──。ヒーロー怒って当然! どうして許すのかヒロイン! めんどくさいから相手にしたくない気持ちもわかるけど! こいつがいなかったらヒーローとも出会えなかったけど!
 超ダメな弟のおかげで、割といい人に見えたよ、ヒーローが。珍しい。
 ヒロインのご機嫌取りに失敗して(´・ω・`)ショボーンなところとか、ラスト近くの「うれしくてたまらん(´д`*)」という彼の様子が面白いです。たくさん失敗しているので、もうとにかくウッキウキ。
 これくらいアホっぽくメロメロな方が、ロマンスを読んだ! という気分になるってものです。
(★★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント