Top Page › 映画の感想 › 旧作の感想 › □『ヒックとドラゴン』

2011 · 05 · 10 (Tue) 18:17

□『ヒックとドラゴン』

『ヒックとドラゴン』"How to Train Your Dragon"2010(Blu-ray)
 はるか北にあるバーク島に住むヒックは、バイキングの族長の息子。だが、ひ弱な彼は、いつもドラゴンに来襲される村での戦いでは邪魔者扱いだ。しかしある日、自分で作った投擲機で誰も姿を見たことがなかったドラゴン、ナイト・フューリーを捕らえることができる。だがヒックは、傷を負ったナイト・フューリーを殺すことができなかった。(監督:ディーン・デュボア、クリス・サンダース 声の出演:ジェイ・バルチェル、ジェラルド・バトラー、クリストファー・ミンツ=プラッセ他)

 前から聞いていたのですが、ドラゴン──ナイト・フューリーである「トゥースレス(字幕や吹替では「トゥース」)」(「歯なしちゃん」ということか)の表情が猫にそっくりです。
 特に、実家で飼っている全然人になつかなくてすぐ人の手を噛む超凶暴な猫に──orz 怒った時の顔とかほんとにそっくり。あいつら、マジで「殺す」とか考えてるよな(´д`;)って顔するんだよね。
 そんな奴が犬のようになついたり、ヒックの言うとおり空を飛んだりするなんて、
「嘘だ!ヽ(`Д´)ノ」
 と思わなくもないですが(^^;)、かわいいからいいです……orz 見た目は本当にかわいいんだもの( ;Д;)。瞳孔まん丸の表情の愛らしさにだまされて何度流血したことか。
 害獣としてしか彼らを認識しない他のバイキングたちと違って、ヒックはドラゴンを理解し、共生の道を探ろうとする。お話はお約束ですが、トゥースレスのかわいらしさと飛行訓練シーンの迫力に魅せられる。
 そんな感じで楽しく見られたけど、最後は何だか、ドラゴンがポケモンみたいに見えてきたなあ……。ヒックが、
「トゥースレス、君に決めた!」(アニメ見てないですけど)
 とでも言いそうだ、と思ってしまったよ(^^;)。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント