Top Page › 映画の感想 › 旧作の感想 › □『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

2011 · 05 · 12 (Thu) 07:18

□『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』“The Hangover”2009(Blu-ray)
 二日後に結婚する友人ダグの独身最後のパーティのため、教師のフィル、歯科医のスチュは、新婦の弟アランとともにラスベガスの高級ホテルへ繰り出す。だが、翌朝目覚めてみると、ひどい二日酔いの上、前夜のことを何も憶えていない。トイレには虎がいるし、知らない赤ん坊まで。そして、主役のダグは消えていた。(監督:トッド・フィリップス 出演:ブラッドレイ・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ジャスティン・バーサ、ヘザー・グラハム他)

 私はお酒が飲めない体質なので(コップ一杯で気持ち悪くなる)、二日酔いになったことがありません。(ただ、吐き気を伴うようなひどい頭痛って、二日酔いに似ているって言われたことがある)
 だから、幸いにも飲んで記憶をなくすという経験はないのですが、自分のやったことを思い出せないというのはやっぱり怖いものですか? 何度もやると、慣れるもの?
 この映画での記憶喪失の原因はお酒だけではないんですが、やらかしたこともお酒の失敗と笑えるものではなく、おぼろげなところからたどっていく先々で「何でこんなことを(´д`;)」とみんなで焦る、という……。
 思ったよりもちゃんと話を作りこんであるシチュエーションコメディでした。コネタも効いてて、日本人でも笑えると思います(私は、外国のコメディが割と好きなので、評価甘め)。見終わったあと、なーんにも残らないけどねー(´∀`;)。
 軽く楽しい映画をお望みならば、ぜひ。
 そういえば、ちょっと前に読んだハーレで、こういうパーティの写真を新聞に載せられてヒロインにバレて、という話があったけど、たとえ目が死んでいても、こんなんじゃ普通怒られるよな(´ω`;)。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント