02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

◆『罪の夜』リン・グレアム

◆『罪の夜』リン・グレアム(ハーレクイン文庫)
 ケリーは18歳の時にイタリア人大富豪アレックスと結婚した。だがそれは、姉のアパートでケリーが男と同衾しているところをアレックスが発見した時、悲惨な終わりを迎えた。彼女にはその夜の記憶がない。それでもやましいことはしていないと思っていたが、彼は信じてくれなかった。しかし離婚して四年後、幼い息子とつましく暮らしているケリーの前にアレックスが再び現れる。("The Veranchetti Marriage" by Lynne Graham,1988)



 昔読んだ時も「面白い!」と思ったけど、再読したらさらに楽しめました。ヒーロー、ヒロイン好きすぎて壊れてる!ヽ(゚∀゚)ノ
 どれくらい壊れているかというと──あらすじにある離婚のきっかけというのは、実はヒロイン姉の悪ふざけに過ぎなかったのです。(ひがみがあったとはいえ)「ちょっとドッキリさせちゃおうかな~」程度のノリで自分のボーイフレンドを寝てるヒロインの横にもぐりこませたら、ヒーロー怒髪天を衝いてしまい、妊娠してなかったらその場で二人とも殺されていたのではないか、というのにとても説得力がある──くらい壊れてる。
 昔読んだ時は、真相を知っている姉がずっと黙ってて「ひどい」と思ったんだけど(いや、やっぱりそれはひどいけど)、
「バレたら彼氏が殺される((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」
 と思う気持ちもよくわかった。ヤバい奴ですよ、ヒーロー(´д`;)。途中、ほんとに人殺しそうになるし。
 この人、三回は絶対壊れてるからなあ(確実にもっとあるけど)。ヒロインに恋して世界がひっくり返り、離婚で叩きのめされて、さらに真相を知って、一方的に責め立てた自分に恥じ入りボロボロ。ラストはもう、ボロ雑巾のようでした。しかもカラカラの。
 いやー、さすがリン・グレアムが本気出すとすごいなー(´∀`;)。こういうのこそヤンデレというんだろうね。
 ここまでボロボロのヒーローは、他の作家作品も含めてなかなかお目にかかれないと思うんですけどね──どうかな? ヤンデレっていうのもめったにいないよね。壊れている人はヒーローに似つかわしくないと思われるんだろうけど、私にはとても人間くさくて魅力的に見えるけどなあ。
 他にもいろいろ書こうかと思ったんだけど、ヒーローの壊れ具合が面白すぎて入る余地がないよー(´∀`;)。
(★★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★★☆

こんばんは

三原さん、こんばんは。

リン・グレアム好きなんですけど、「罪の夜」はあらすじで私にはちょっとヘビーかな?と思って今まで避けてたんです。
でも三原さんの感想を拝見して読みたくなって今日ポチりました。
ヒロインを好きすぎて暴走するヒーローとか壊れるヒーロー大好きなんです(笑)
しかもラストがボロ雑巾のようだなんて!
楽しみすぎて本が届くのが待ち遠しいです~。
ヤンデレもたまらないですね。
そこまでなっちゃうヒーローは確かにあまり見かけないかも。

またお邪魔しますね(^_^)

 コロネ様
 コメントありがとうございます。
 多分……大丈夫だと思います。姉にはやっぱり腹立つんですけどね(^^;)。
 リン・グレアムは「もっと徹底的におしおきを」と思うことが多いのですが、これは満足した作品です。期待通りにお楽しみいただけるといいんですけど……。がっかりしたらごめんなさい……。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして^^

 コメント&ご愛読ありがとうございます!
 私も憔悴ヒーローが大好きなので、もっともっと読みたいです。
 おすすめ作品はまだ読んでいません。ぜひ読んでみますね。
 さっそく探します! すごく楽しみです〜ヽ(´▽`)/
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    01月 | 2020年02月 | 03月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★☆ ★★★★ シリーズ ロマンス以外 角川文庫 ★★★☆ ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス ヒストリカル その他の出版社 ★★☆ 資料用 サスペンス/ミステリ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) MIRA文庫 ★★★ ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫