04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▲『最後の架け橋』アイリス・ジョハンセン

▲『最後の架け橋』アイリス・ジョハンセン(二見文庫)
 数ヶ月前に夫を事故で失ったエリザベスは、臨月を迎えたある日、亡夫のいとこだというジョンから、彼女が合衆国政府から狙われている、と告げられる。直後に政府の人間から警告を受け、彼女はジョンとともに山荘に身を隠す。



 うーん……微妙。ヒロインと亡夫とヒーローとの関係が超微妙だ。
 いや、ヒロインとヒーローはまあいいのです。一番の問題は、亡夫が何を思ってヒロインと結婚して子供を作ったのかがわからないところだと思う。彼とそういう関係になるということは、彼女とその子供を危険に巻き込むことになるのに何も知らせないってのは──最後まで自分が守るつもりだったのなら、まだわかるんだけど……ヒロインが利用されてっていう方がまだ矛盾がないんだけどなあ。これでは、彼の単なるわがままみたいに読めちゃう。その消化不良具合が全体的に影響してて、どうも納得いかないような、葛藤が描ききれていないような──そういうふうになってる。
 あと、一応パラノーマルものなんですが、中途半端だったな……。果たして必要だったんだろうか。
 うー、ジョハンセン好きなだけに残念な作品でした。
(★★)
web拍手 by FC2

tag : パラノーマル 二見文庫 ★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    03月 | 2020年04月 | 05月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 資料用 ★★★☆ ハーレクイン(文庫含む) コンテンポラリー ヒストリカル ★★★ ★★☆ ★★ ★★★★☆ シリーズ ロマンス以外 角川文庫 ロマンス映画 創元推理文庫 ラズベリーブックス その他の出版社 サスペンス/ミステリ MIRA文庫 ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ランダムハウス講談社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫