Top Page › つぶやき・お礼 › 仕事中の読書&拍手御礼

2011 · 06 · 01 (Wed) 16:06

仕事中の読書&拍手御礼

 絶賛仕事中です(T_T)。
 誰もほめてくれないから、自分で自分をほめながらの仕事ということです(日本語おかしいですorz)。

 小説は先が気になってしょうがないので、小説じゃないものでかつロマンス関係のもの、ということで、1983年(日本では1984年)に出版された『ロマンス小説の書き方』という本を読んでいます。
 当時、講談社で出ていた「ハウ・ツー・ライト・ブックス」というシリーズの一冊です。私はこのシリーズのうち、他に『ベストセラー小説の書き方』(ディーン・R・クーンツ)と『ミステリーの書き方』(アメリカ探偵作家クラブ編)を現在も持っています。とはいえ、『ベストセラー小説の書き方』はのちに朝日文庫で再販されたもので、『ミステリーの書き方』は古本です(カバーがない)。ちゃんと買えた(多分)のは、『ロマンス小説の書き方』だけかも。
『ミステリーの書き方』は、ハウツー本というより、売れっ子作家たちが創作をテーマにした思い思いのエッセイとインタビューで綴るという形で、真面目なものもあれば小説風もあり、という自由で楽しい読み物です(現在、講談社文庫から再販されています)。
『ベストセラー小説の書き方』は多作で知られる本物のベストセラー作家クーンツのノウハウを伝授という感じ。いや、実は奥底にしまっちゃったらしくて読み返せなかったんですけど、こりゃクーンツだからできることなんじゃないのか、と当時思ったり思わなかったり(^^;)。
 一番ハウツー本らしいのが、『ロマンス小説の書き方』だと思います。でもまだ、書き始めるところまで読み着いてないのね(T_T)。

 いつも拍手やランキング、ありがとうございます。
 続きはお返事です。『不機嫌な花嫁』に拍手くださった方へ。

>Rさま
 コメントありがとうございます。
 ディ・バラ家シリーズはまだ読んでいないんですよー。気になってはいるんですが。
 たまに都合のよくないラストのものを読むと、ちょっとほっとするって何か違うなあ、と思いながら(^^;)、私もそんな感じです……。

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント