Top Page › 読書の感想 › キム・ローレンス › ◆『禁じられた言葉』キム・ローレンス

2011 · 06 · 21 (Tue) 10:11

◆『禁じられた言葉』キム・ローレンス

◆『禁じられた言葉』キム・ローレンス(ハーレクイン)
 デヴラはロンドンで看護師をしている時に今の夫ジャンフランコに出会った。愛人として同行することを拒んだ彼女に、彼はプロポーズしたのだ。愛されていないとわかっていても、結婚生活に満足していたが、デヴラは子供を望んでいた。妊娠できないと思っていたが「可能性がある」と医師に言われ、ジャンフランコにそれを告げると、彼は「子供は欲しくない」と言い放った。("Secret Baby, Convenient Wife" by Kim Lawrence,2008)

 子供を巡る行き違いから、ケンカしたり家出したり元に戻ったり等々をくり返すアツアツ夫婦のお話(^^;)。
 愛されていないと思うのはヒロインばかり。あ、あとヒーローを狙ってる遠縁の女性くらい。ヒーローの息子は、ケンカの仲裁のために学校から出奔してしまいます。超機嫌の悪いヒーローの部下たちは「奥さんがなだめてくれないと困る」と噂していたり。
 ヒーローは自分の気持ちを認めていないけど、どう読んでもバレバレ(´∀`;)。
 ロンドンでヒロインを口説く場面の必死さが面白かったです。
 基本的に犬も食わない夫婦ゲンカの話ですから、安心して読めます。周囲の人間は「早く仲直りすりゃいいのに」と生温かいです(´ω`;)。
 安心して読めるものは、そんなに書くことないよね……orz
(★★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント