11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『愛を禁じた理由』アマンダ・ブラウニング

◆『愛を禁じた理由』アマンダ・ブラウニング(ハーレクイン)
 十代の頃、エイミはある過ちを犯した。それ以来自分を厳しく律し、慎み深く勤勉な生活を送ってきた。今は外科医ニックの優秀な秘書として働いている。だが、ニックの兄で実業家のジョナスと会ったとたん、九年前に封印したはずの奔放な気持ちが湧き上がるのを抑えることができなかった。("The Billionaire's Defiant Wife" by Amanda Browning,2008)



 ヒロインは、遊びまくっていた十代後半(18歳くらい?)に、無謀なスキーで雪崩に巻き込まれ、誘った友人を亡くすという事故に遭っています。
 考えなしの行動が悲劇を招いたわけで、それは決して忘れてはいけないことですが、かなり自責感や罪悪感が強く、強迫観念のようになってしまっている。
 こういうのはやはり個人差というか、腹が立つほどあっさり忘れる人がいる一方で、どうやっても落ち着かせることができないという人もいる──ということは、読んでいる方もそうだということ。
 一応、ヒロインが納得する理由というのは最後に提示していますが、人の気持ちは難しい。彼女をここまで頑なにさせたある人の行為というのも、仕方ないというか、そうする気持ちもわかるから、とても困る。
 以前もこういうふうに心を閉ざしてしまったハーレを読みましたが、それは家族を亡くしていたので、責める人はいなかった(なぐさめる人もいなかったけど)。でもこの作品の場合、責める人はいなくならないからなあ。
 私は、ラスト何とか納得はしましたが、読後感が少し重いかなあ、と思ってしまいましたよ……。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★ ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ★★★☆ ロマンス映画 ★★★ ヒストリカル ライムブックス 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫