09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『ブリット』

『ブリット』"Bullitt" 1968(DVD)
 サンフランシスコ市警の警部補ブリットは、チャーマース上院議員から聴聞会証人の護衛を命じられる。ロスというその男はマフィアの裏切り者だったが、なぜか監視の目をかいくぐり殺し屋の侵入を許して、命を落とした。ブリットは裏に何かあると踏み、ロスの死を隠したまま捜査を続ける。(監督:ピーター・イエーツ 出演:スティーヴ・マックイーン、ロバート・ヴォーン、ジャクリーン・ビセット、ロバート・デュバル他)



 家族が突然、スティーヴ・マックイーンの映画を見たいと言い出したので、借りてきました。
 昔見たことがあるけど、残念ながらテレビでだったし、憶えているのはマックイーン扮するブリットと恋人のジャクリーン・ビセット(美しい)が道端で口論するシーンのみ。有名な坂道のカーチェイスシーンすら憶えていなかったなあ。
 CG合成などを使っていないカーチェイスは迫力満点でした。ウィキペディアによれば、実際に猛スピードで車を走らせて撮影したそうだけど、車窓からの坂道はかなり怖いです。サンフランシスコって住むと足腰鍛えられそうですね(歩いたりしないか(^^;))。
 しかしそのシーンを見ている時に、
「この追跡は、捜査に必要なの?」
 と無粋なことを考えてしまった私……orz
 作中で、ブリットは有能な刑事ということになっています。それは強引で無茶な捜査をするからこそ、というのがわかるシーンでもあるのですが、行き着く先がアレでは、とチラッと思ったり思わなかったり……。
 もう43年前の映画ですから、今では不可能な捜査やシチュエーション、撮影もあります。パンナムがまだあったりね(´д`;)。空港の滑走路での追跡シーンも恐ろしいですよ。
 とはいえ、画面作りや音楽(ラロ・シフリン!)とその使い方、そしてマックイーン自身がクールでかっこいい。家ではだらしない男なんだけど、仕事になるとビシッとする。ロマンス小説でよく表現される「ハンサムとは言いがたいが、荒削りな容貌が魅力的」というヒーローのようです。
 仕事にのめりこんでいる時のブリットを見て、「感情が麻痺してしまっている」とそしる恋人に何も言えない。アクション映画という印象が先走る作品ですが、古いものなので全体的にはテンポゆるめだし、けっこうな閉塞感もあります。議員や上層部からの圧力、救えない犠牲者、出ない答え──。
 でも、家へ帰るとあんなに怒ってたのに彼女がちゃんと来ていたり。
 思わず心の中で、
「なんだ、けっこうリア充じゃん」
 ──( ゚д゚)ハッ! この頃にこんな言葉はなかった……orz
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★☆

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫