11
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
15
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『愛は砂の城』キャロル・モーティマー

◆『愛は砂の城』キャロル・モーティマー(ハーレクイン)
 プロデューサーの夫と離婚した女優のカイロは、南仏の別荘で姪とともにつかの間の休息を楽しんでいた。そこへ現れたのは、八年前に別れた恋人レイフ。俳優兼映画監督である彼は、カンヌ映画祭へ出席するためにやってきたのだ。("Bedded For The Spaniard's Pleasure" by Carole Mortimer, 2009)



 タイトルの昼メロ臭に惹かれて、つい読んでしまいました。
 ヒーローとヒロインが別れたのは、ヒーローの浮気のせい──とヒロインは思い込んでいます。よくあることですが、それは横恋慕した女が仕組んだこと。はたちのウブな女の子だったヒロインは、まんまとだまされて、一方的に別れを切り出し、結婚まで考えていたヒーロー( ゚д゚)ポカーンという状況。そのあと、彼女は衝動的に結婚してしまいますが、失敗に終わる。
 ウブならウブらしく、泣いて事情ぶちまけてぶん殴るくらいすりゃいいのに。傷つくことが怖いとかプライドが邪魔してツンと黙ったまま。傷つくよりも真実を知らないことの方が気になる私は、「聞いたって死にゃしないよ(`ω´)」とつい思ってしまいます。
 八年ぶりに会ってヒーローはドキドキなのですが、ヒロインは言葉尻に必ず、

「(浮気したくせに)」

 とつけて会話するもんだから、基本喧嘩腰です。カッコの中身がわからない彼でも、「どうも自分への悪口らしい」というのは察せられるので、当然会話はギスギスしてくる。
 ある程度の言い争いはスパイスになりますが、ずーっとこの調子というのは、あんまり好きじゃあないのよね(´・ω・`)……。たとえ、のちのち誤解が解けるとわかっててもさ。
 お話自体はけっこう好きなんだけどなあ。
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2019年11月 | 12月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ★★★★ 創元推理文庫 サスペンス/ミステリ ハーレクイン(文庫含む) ★★☆ コンテンポラリー ★★★★☆ シリーズ MIRA文庫 ロマンス映画 ★★★☆ ★★★ ライムブックス ヒストリカル 扶桑社ロマンス 新潮文庫 資料用 角川文庫 ロマンス以外 ハヤカワ文庫 ★★★★★ マグノリアロマンス フローラブックス 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫