Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2011) › □『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

2011 · 08 · 05 (Fri) 14:52

□『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』"Transformers: Dark Of The Moon" 2011(7/29公開)
 1969年、アポロ11号によって月に到達した人類は、月の裏側で異星人の宇宙船の残骸を発見する。時は経ち現代──善のトランスフォーマー、オートボットたちは人類と共存を続けていたが、悪のトランスフォーマー軍団ディセプティコンによる地球侵攻は密かに進められていた。(監督:マイケル・ベイ 出演:シャイア・ラブーフ、ジョン・タトゥーロ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、フランシス・マクドーマンド他)

 トランスフォーマーシリーズの三作目なのですが、私二作目見ていないのです。ダメな見方で、ファンの人ごめんなさい……。見に行く前、家族に、
「二作目見とかないとダメだよね?」
 って言ったら(Blu-rayは家にあるので)、
「は? 見なくても別にいいよ( ゚д゚)」
 と言われたので、つい(^^;)。
 一作目は微妙だったのですよね……。なんかとにかく「長い!」と思ってしまった。もっと端折れるはずなのになあ、と。家族は「二作目こそ!」と思って見に行って、がっくりして帰ってきて、今回も「予告編がいいから!」ということで行って──

 長いよ!

 ……やっぱり一作目と同じ感想ってどうなんですか!?(´∀`;) まったく成長がないの、マイケル・ベイは!?
 いや、もうトランスフォームするシーンのCGは素晴らしいですよ。一作目と比べたら格段の進歩。きれいで滑らかで、違和感なし。またまた2Dで見てますけど、3Dならもっと迫力あるんだろうな。
 しかし、そこしかないじゃないの!
 人間のシーンが……ドラマパートが長すぎる……。いらないシーンがたくさんあった……。
 一番いけないのは、人間の主人公サムに魅力がないことだと思うんだよね──ってこんな根本的なことを!
 あいつの存在理由が希薄なところがなあ……。なんかオートボットの友だちだから何となくいるだけって感じで──虎の威を借る狐というか、いざとなったら、

「助けて、オプティマスぅ~!」

 と頼るから、なんかだんだんのび太みたいに見えてきちゃったよ(´д`;)。のび太の方がよっぽど役に立つ。それにドラえもんは未来からのび太のために来たロボットだけど、オートボットはお前んちの庭に落っこってきただけじゃないか! しかも、たまたまだよ、たまたま!
 ……何だか見終わった時は、作り過ぎた料理を無理に食べてお腹いっぱいになったような気分になりました。撮った&作ったフィルムを「せっかくだから」と全部てんこ盛りにされた……orz こんな主人公にどうして美人の彼女がいるのか謎だが、それもまた作り過ぎの部分なんだろうなあ。
(★★☆)
[Tag] * ★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント