09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『美しき傷跡』ジェイン・ポーター

◆『美しき傷跡』ジェイン・ポーター(ハーレクイン)
 在宅看護師の派遣会社を営むエリザベスは、次々と看護師を追い返したギリシアの富豪クリスチャンの屋敷へ自ら乗り込む。事故で失明した彼は、歩くためのリハビリを拒否し、自暴自棄な生活を送っている。顔にも大きな傷を残した。だがエリザベスは、彼を甘やかすことなく、やる気を奮い立たせようとする。彼を待っている“恋人”のために──。("At The Greek Boss's Bidding" by Jane Porter, 2007)



 ハンディのあるヒーローというのも、ハーレでは珍しい。
 たいていは荒れています。この作品でもそうです。
 ヒロインは依頼者を彼の恋人だと思い込んでいますが、本当は兄の元婚約者。だいたい本当の恋人だったら、ちゃんとそばにいてやるべきだと思うけどね。そこら辺を疑いもしないところは、ヒロインの人の良さが出ています。そこにつけ込まれて金目当てのギリシア男との結婚に失敗した経験あり。
 ヒーローは雪崩で兄を助けられなかったことを悔やんでいます。でも彼女にふさわしい男に戻ろうとリハビリを始める。それは“恋人”のためとヒロインは思うから、すれ違い。
 本来ならツボなすれ違いもののはずなんだけど、何だか萌えなかった。なぜだろう?
 ヒロインは結婚、いや男性に傷つけられることをとても恐れている。自分に自信がないんだよね。ヒーローを励ますことはできるのに、自分は励ませない。ラスト近くに現れた元夫に対して、

「金目当てはお前だろうが(゚Д゚)ゴルァ!!」

 と啖呵切るくらいの気概があっても──というか、もうちょっと怒ってもいいんじゃね? と思ったのが原因かなあ。
 逃げるヒロインには割と甘い私ですが、本当のことはもっと大声で言ってもいいと思うよ!
(★★★☆)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★☆

【ピーター卿もの】最後の作品を和訳してみました

はじめまして。
ピーター・ウィムジー検索でたどり着きました。
卿とバンターのファン仲間です。

ハリエットとピーターが結婚して七年後のようすを描いた
最終作「Talboys」を訳してみましたので、もしよかったら
下記のサイトでご一読ください☆

http://createit.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
はなしのかんづめ

もとの本はPerennial社刊の短編集/全編収録、です。
密林でポチり1,000円ちょいでした。ちなみにセイヤーズの
著作権は切れてる~誰でも訳出していいもようです。

はじめまして

 はじめまして。コメントありがとうございます。
 というか、ピーター卿の短編とは! 最初の方、読ませていただきました。息子さんかわいい……。
 時間作って早く全部読みたいです(´д`;)。
 これからもよろしくお願いいたしますね。
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫