09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

▼『真夜中の天使』リサ・マリー・ライス

▼『真夜中の天使』リサ・マリー・ライス(扶桑社ロマンス)
 ある事件から視力とその時の記憶を失ったハープ奏者のアレグラは、親友スザンヌのパーティーで元特殊部隊教官のコワルスキと出会う。パーティーが武装集団に襲われ、アレグラを守ったコワルスキは彼女を家へ送り届けるが──。("Midnight Angel" by Lisa Marie Rice,2005)
・〈真夜中〉シリーズ第3作



 もうすぐ新刊が出るというので、再読してみました。
 再読と言っても私の場合、頭からちゃんと読むわけではなく、好きなシーンを拾い読みしていくんだけど、好きな作品ほどそのシーンや頻度が多い。この作品はその中でもダントツです。
 小説として冷静に評価すれば「ツッコミどころ満載」なんですが、とにかくヒーローのコワルスキが大好きなの~。ブサイクなところが特に!
 いや、別にブサイクだから好きってわけじゃない。私はヒーローの容姿ってそんなにこだわらないのです。さらに言うなら、ヒロインの容姿も。しょせん小説ですから、脳内でいくらでも補完できるし、都合よく想像したってかまわないんだから。問題は人間的に魅力があるかどうかです。
 彼の場合は、自分が醜いと思っていて、それがコンプレックスになってるところがいいんだよね。それを補って余りある部分もたくさんあるし、多分ヒロインに出会わなければそんなに表面化もしなかったんじゃないかと思うけど、美しい彼女に恋してあまりの不釣り合いさに悲しくなってしまう繊細さがかわいらしい。
「自分はアレグラにふさわしくない」と苦悩しますが(そんな長い時間じゃないけどね)、それでも彼女をあきらめない。もちろん彼女の目が見えなくて、容姿の点で引け目を感じる必要がないこともあるけど(でも人の目はきっちり気にしてる)、彼女のために今までの生活全部変わってもいいってあっさり決断するんだよね。そういうヒーローって、実は少ないじゃないですかあ。たいていは自分の今までの生活やルールや、しょーもないプライドににこだわって、なかなかヒロインを受け入れないヒーローばっかじゃん。
 コワルスキ──というか、リサ・マリー・ライスのヒーローって、そういう次元を軽く飛び越えちゃうよね。傷つくことを恐れないというより、「そんなこと考えてるヒマなんかあるかあ(゚Д゚)!!」って感じだ(実際、物理的にないし(^^;))。ものすごいファンタジーだけど、ものすごくロマンスでもある。
 だからね、私の特に好きなシーンは、コワルスキの飛び越えた瞬間が描かれているジョギングのシーンと、二人で散歩に行くシーン。前者は言わずもがなですが、後者は性的緊張感がなくて、ほのぼの~。HOTシーン満載の中にこういうのを入れることができるって、個性のある作家さんだなー、と思います。

 ちなみに「醜い」と自ら形容していたコワルスキ──誰か怖い顔の俳優さんとかでイメージに合う人いないかなー、とずっと探していたのですが、最近は元サッカー選手のオリバー・カーンで定着しています。
(★★★★★)
web拍手 by FC2

tag : サスペンス/ミステリ 扶桑社ロマンス ★★★★★ シリーズ

NoTitle

こんにちは、はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。

今更ながらのコメントで申し訳ないのですが、真夜中の天使、再読したのでついつい書き込みしちゃいました。

私もコワルスキのぶさいくな所大好きですw
アレグラに(コワルスキ自身の)髪の色をきかれたときに
「汚らしいブロンド」
と答えるシーンは何度読んでもキューンとしちゃいますw
なんてかわいいヤツなんだ…!

アレグラも大好きです。
ヒロインの中でもかなり上位にくる好き度です。
このカップルはいいわぁ。

それでは、これからも記事楽しみにしていますね。

ありがとうございます。

 こんにちは、はじめまして~。記事楽しみにしていただいてありがとうございます。
 おお、同士(´д`*)。コワルスキ、ほんとにかわいいし優しいし、アレグラは幸せ者だなあ、と思います。二人の間の子供は、いろいろな意味ですごいんじゃないか、とか今だに妄想しますよ。
 これからもよろしくお願いいたしますね~ヽ(´ω`)ノ
Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫