09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

□『ブラック・スワン』

『ブラック・スワン』"Black Swan" 2010(Blu-ray)
 ニューヨークのバレエ団に所属するニナは、次の公演『白鳥の湖』の主役に抜擢されるが、白鳥と黒鳥二役を踊らなければならない。潔癖な彼女は白鳥にぴったりだったが、バレエ団の監督トマから「黒鳥に必要な官能性や情熱に欠けている」と言われ、思い悩む。厳しい稽古やトマの“宿題”に追い詰められ、ニナは次第に精神の均衡を崩していく。(監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー他)



 子供の頃に黎明期のバレエ漫画に触れ、『SWAN』『アラベスク』などのブームの中育った私にとって、そういうバレエマンガがそのまま実写になったような気分になりました。『白鳥の湖』というのがまた直球勝負だよね。
 ホラー系の描写も往年の少女マンガっぽい。よく「神経が細い」という言い方がありますが、ナタリー・ポートマン扮するニナはまさにそんな感じ。しかも、母親との関係は『キャリー』を彷彿させる。真っ先にそう思ったので、ラストは予想通りでした。
 他に思い浮かんだ映画は、『欲望のあいまいな対象』『バートン・フィンク』『戦慄の絆』、そして『パーフェクト・ブルー』(アロノフスキー監督はこれのリメイク権を持っているそうですね)など──二面性、あるいは抑圧された自我や狂気が人を追い詰める物語ばかり。
 白鳥と黒鳥は、二面性を表すのにはとてもわかりやすい記号だけど、わかりやすいだけ余計なものを削ぎ落すこともできる。公演までのドキュメンタリータッチな構成と画面作りは、ニナ自身の内面を引き立てる。
 ある意味、非常にポピュラーな題材であると言えますが、女性をターゲットというか、徹底的に女性らしい美しさや完璧さを追い求める部分がこの作品をちょっと特別にしている気がします。「男がどう思うかはどうでもいい(`ω´)」みたいな態度が潔い(男性は男性で別の楽しみがあるだろうけど(´∀`;))。
 ふわふわひらひらキラキラのドレスやチュチュを着て舞台の上で華麗に舞うバレリーナを幼い女の子が見れば、自分もああなりたい、と一度くらいは思うんじゃないかな。どこの国の人でも。だから、それに焦がれる気持ちも受け入れられやすい。
 けど、実際に舞台へ立てるのは厳しい訓練に耐えた才能のある人だけ。華々しい夢の裏に、いくつもの生々しい挫折が隠れている。ただ、それすらも美しく描く。本来はそんなふうに交わらないはずなのに。
 交わらないものを交えようとしたニナが黒鳥を踊るシーンは、マンガ的ともアニメ的とも言えるけれど、そういうのにあまりなじみのない人はどう思ったんだろうね。私はつい「く…黒い羽根!?」(千秋先輩……!)と思ってしまいましたが。
 評価は、いろいろと思い入れがあるので、ちとオマケです。
(★★★★)
web拍手 by FC2

theme : 映画レビュー
genre : 映画

tag : ★★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫