09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

◆『まわり舞台』ペニー・ジョーダン

◆『まわり舞台』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 駆け出し女優のカースティーは、ひどい批評のせいで初舞台の役を降ろされて以来、演劇評論家ドルー・チャーマーズを恨んでいた。小さな劇場の芝居に出ていたそんな彼女の前に、ドルーが偶然姿を現す。美しく裕福そうな恋人とホテルの部屋で待ち合わせをしているらしい。酔っぱらっていたカースティーは、その逢瀬を邪魔してやろうと思いつく。今の私なら、完璧に役をこなせるとドルーに思い知らせてやりたい。("A Sudden Engagement" by Penny Jordan, 1984)



 再読です。
 ヒロイン、酔っ払っているとはいえ、子供のような仕返しです。部屋に忍び込んで、ベッドで寝てたふりとか。
 ただ、ヒーローの相手がプンスカ帰ってしまったあと、襲われそうになり(´∀`;)、ようやく我に返る。そののち、彼の口利きでシェイクスピアの『からさわぎ』に出演することになる。ただ、彼の口利きだと思いがけない形で明らかになり、なぜか彼と婚約することになってしまう。そのあとは誤解と思い込みからのすれ違いをくり返します。
『からさわぎ』、私はちゃんと読んだことないのですが、つまりラブコメですね。これもそういうテイストの作品なんだろうけど、うーむ……訳にもよるんでしょうが、ラブコメって感じには楽しめなかったなあ。ヒロインの鈍感さと激しい思い込みが『からさわぎ』というより空回り……いや、振り回されて気の毒なヒーロー。ハーレにはよくあるすれ違いもの(ヒロインは偽装婚約だと思っている)なところは、よかったんだけど。
 あと、これは全然話と関係ないし、ペニー先生のせいでもないんだけど、ヒロインの『からさわぎ』での役名が「ヒーロー」っていうんだよね。芝居の筋書きを説明するところで「ヒーローが」「ヒーローの」とかって出てくると、男なのか女なのか私が勝手に戸惑いました(^^;)。
 よく吹替版の洋画や海外ドラマで「ネイサン」って役名の男性に兄弟がいたりすると、「兄さん」なのに「姉さん」とか(耳で聞くとどうしても……)、さらに本当にお姉さんもいたりなんかすると、
「どっちなのさ!?(´д`;)」
 と突っ込んでしまったりするのと似てるなあと思いました。(違?
(★★★)
web拍手 by FC2

theme : ブックレビュー
genre : 小説・文学

tag : コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★

Secret

文字を大きく・小さく

    Twitter&ランキング



    いつもありがとうございます♪


    書評・レビュー ブログランキングへ

    にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
    にほんブログ村

    最新記事

    カテゴリ

    ユーザータグリスト

    最新コメント

    最新トラックバック

    リンク

    RSSリンクの表示

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム

    English Translation

    English English得袋.com

    アンケート

    QRコード

    QRコード

    FC2カウンター

    カレンダーと月別アーカイブ

    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2019年09月 | 10月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -


    プロフィール

    三原 白

    Author:三原 白
    本(主に海外ロマンス小説)の感想と、たまに映画の感想も書きます。ネタバレもありますので、ご注意ください。
    萌え重視であるため、心の狭い感想ばかりです。やや上から目線でもあります。
    評価は★★★★★が満点、★★★が標準点クリア。
    ★★★★からがおすすめです。
    くわしい注意書きは→コチラ
    リクエストは→コチラ

    最近読まれている記事

    ブログパーツ

    最近の拍手ランキング

    人気の記事

    本ブログ村PVアクセス

    ユーザータグ

    ロマンス映画 ★★★☆ シリーズ コンテンポラリー ハーレクイン(文庫含む) ★★★ ライムブックス ヒストリカル ★★★★ ★★★★☆ ★★☆ 扶桑社ロマンス 新潮文庫 サスペンス/ミステリ 資料用 ロマンス以外 角川文庫 ★★★★★ ハヤカワ文庫 マグノリアロマンス フローラブックス 創元推理文庫 集英社文庫 パラノーマル アンソロジー 二見文庫 ヴィレッジブックス ★★ MIRA文庫 ランダムハウス講談社 ラズベリーブックス その他の出版社 ★☆ ソフトバンク文庫 サンリオ 文春文庫 ラベンダーブックス ラベンダーブックス(幻冬舎) オーロラブックス(宙出版) 講談社文庫