Top Page › 読書の感想 › ジェシカ・スティール › ◆『恋するクリスマス』ジェシカ・スティール

2011 · 09 · 20 (Tue) 09:31

◆『恋するクリスマス』ジェシカ・スティール

◆『恋するクリスマス』ジェシカ・スティール(ハーレクイン)
 ジャーメインは美しい姉にまたボーイフレンドを奪われてしまった。しかも彼は、姉が怪我をしたから、看病に来てほしいと懇願する。姉の魂胆がわかっているジャーメインは当然断るが、なぜか元BFの兄ルーカスが家へやってくる。さらに実家にまで! 両親の手前、彼女は渋々承諾し、姉らが滞在しているルーカスの屋敷に赴く。("A Suitable Husband" by Jessica Steele, 2001)

 季節はずれですが、再読です。(ジェシカ・スティールは再読甲斐のある作家だ)
 姉はターゲットを金持ちの兄の方に変えて、嘘怪我で図々しく屋敷に居座っているのです。途中でこんなセリフをヒロインに向けて言う。

「あなた、いったいどこからわいて出たの?」

 それはお前のことだ(゚Д゚)ゴルァ!!
 何でしょう、この厚顔無恥な女は。身内の恥としか言いようがないですが、父親が溺愛していて、ヒロインもあきらめている(彼女は母親から真っ当な愛情を受けていますが)。
 ヒロインはヒーローと歳がけっこう離れているし、何度も姉につきあった人を盗られているので、「私のことなんて相手にしないわ」と思っている。でもヒーローは姉の猿芝居を見抜いているし、再読の私には単にいちゃついているようにしか見えませんでしたけどね(^^;)。バカップル+お邪魔虫二人の話。
 最後に姉をギャフンと言わせるようなシーンがあったら、もっと楽しかったんだけどなあ(´д`;)。姉の描写が、悪役というより「痛かわいそうな人」と見えるくらいリアルだったので、ほっとき放しというのはもったいない。
(★★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

これって三浦浩子先生がコミカライズされてて、凄く良くまとまっていたお話でした。(*´∇`*)
原作未読なんですが、確かにヒロイン姉は痛い人でしたね。(^^;ゞ
白さんも機会があればいつかぜひ。(*´∇`*)
2011-09-20-12:35

りらっくまま URL [ 返信 ]

痛い姉

 りらっくまま様
 コメントありがとうございますー。
 コミカライズで姉がどんな扱いになっているのか、すごく気になります。少しは手痛い目にあっているのかな……。
 ぜひ探して読んでみますよ!
2011-09-20-13:34

三原白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]