Top Page › 読書の感想 › ペニー・ジョーダン › ◆『恋に落ちた天使』ペニー・ジョーダン

2011 · 09 · 23 (Fri) 13:40

◆『恋に落ちた天使』ペニー・ジョーダン

◆『恋に落ちた天使』ペニー・ジョーダン(ハーレクイン)
 メグは優秀な手術室づきの看護師だったが、暴漢に斬りつけられて手を痛めてからは派遣看護師をしている。ロンドンで怪我をした裕福な老婦人エレナについてセビリアにやってきた彼女は、エレナの名付け子クリスティアンと出会う。貴族である彼に対して、職務を忘れないようにメグは振舞おうとするが──。(A Spanish Christmas" by Penny Jordan, 2001)
・アンソロジー『聖夜の出来事』ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊

 再読です。
 お話はけっこう気に入っているんだけど、最初の方のヒロインの態度がツンケンしてて惜しい作品。
 シークに対して「野蛮人!」って言っちゃうのもどうかと思うけど、貴族や金持ちに対して過剰に反応するのもね……。どちらにしろ、決めつける人というのは苦手です。でもハーレのヒーローはたいてい決めつけ野郎(´∀`;)。それへのしっぺ返しが楽しいから、いいんだけど。
 ヒロインの場合だと、読んでて恥ずかしいというか、いたたまれない気分を私も味わったり、下手すると読む気が著しく低下してしまったりする。ただこの作品の場合は、中編なのですぐに解決されるし、後半ヒロインが怪我をしたヒーローを病院へ連れていくシーンに緊迫感あって、とてもいいです。誤解も引っ張らないし。
 スペインの異国情緒あふれるクリスマス風景もすてき。日本の昔ながらのお正月だったら、海外の人にこんなふうに映るのかもね。
(★★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント