Top Page › 読書の感想 › エマ・ダーシー › ◆『買われた結婚』エマ・ダーシー

2011 · 10 · 13 (Thu) 16:12

◆『買われた結婚』エマ・ダーシー

◆『買われた結婚』エマ・ダーシー(ハーレクイン)
 大企業のCEOブライスは、重病で余命いくばくもない父のために結婚を決意する。婚約者との婚前契約で行き詰まっていた彼は、本社会議でラスベガスに来ていたシドニー支社の社員サニーをひと目で気に入り、婚約を破棄して彼女と結婚しようと目論む。("The Hot-Blooded Groom" by Emma Darcy, 2001)

『ハーレクイン・プレゼンツ 作家シリーズ別冊 戸惑いのウエディング』の一編。
 ひと目惚れしたヒロインとベガスでとっとと結婚しようとして、強引にことを進め、あとでバレて(((( ;゚д゚))))アワワワワ なヒーローの話。
 再読なんだけど、ほとんど憶えていなかった……。エマ・ダーシーのヒロインも肉食系多いよね。強いヒロイン好きな私だけど、いわゆる肉食系の女子は苦手。
 どこがどう違うのか、とエマ・ダーシーとかミランダ・リーを読むたびに悩む。欲望に正直なのと、毅然とするというのは違うということなのか……。
 そんなヒロインが「妊娠しないと夫に捨てられてしまう」と身も世もなく泣き伏している姿と、それをヒーローが見つけるシーンはすごくよかったんだけど、もうそのシーン以外は残らなくなってしまうというか……忙しすぎる時に読んだせいなのかな(´・ω・`)。あと、書いている今、すごく疲れている(^^;)。
 エマ・ダーシーはいい話が多いと思うんだけど、どうもキャラとの反りが合わない感じです……。
(★★★)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント