Top Page › 映画の感想 › 新作の感想(2011) › □『ヒア アフター』

2011 · 10 · 17 (Mon) 16:40

□『ヒア アフター』

『ヒア アフター』"Hereafter" 2010(Blu-ray)
 フランス人女性ジャーナリストのマリーは、リゾート地で津波に巻き込まれ、臨死体験をする。サンフランシスコに住むジョージは、霊能者だった過去を封印して生活している。ロンドンに住む少年マーカスは、亡くした双子の兄ジェイソンに会いたいと願い続ける。(監督:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ブライス・ダラス・ハワード他)

 あらすじが何だか適当に見えますが──これ以上の情報は、なくてもいいかなと思いました。この3人が、「死(死後の世界)」という謎に導かれて、だんだんと近づいていくお話。原題の「Hereafter」の意味は「来世」です。
 劇場へ見に行こうと思っていたのですが、震災以降、公開が中止になってしまったのでした。それは、冒頭に津波のシーンがあるから。このシーンが「作り物」だとありありとわかってしまう今の日本人……。(この映画の収益の一部は東日本大震災の義援金にあてられるそうです)
 とはいえ、テーマは津波ではなく、主人公の一人マリーが臨死体験をすること。未曾有の災害に巻き込まれた彼女は、その時に見た「死後の世界」に取り憑かれて、いろいろな意味で変わってしまう。
 ジョージはその「死後の世界」の人とコンタクトを取ることを仕事にしていたけれども、嫌気がさしてやめてしまう。普通の生活を送りたいと思ってもままならず、孤独感に浸るばかり。
 薬物中毒者である母を持つマーカスは、亡くした双子の兄ともう一度会える方法を、里親先で模索し続ける。
 マット・デイモンの淋しそうな食事シーンが印象に残ります。インチキと思われて揶揄されたり、面白半分で試されたり──なのに、本物だとわかると怯えられる。真の能力者の孤独感が、猫背っぽい姿勢に現れる。ガッシリなのに太って見えるし、オタクっぽい雰囲気も漂う(実際にディケンズオタクだったりする)。私は彼の映画ってジェイソン・ボーンのとか『グリーン・ゾーン』みたいな精悍な役しか知らないから、別人のように見えたなあ。
 スピリチュアルな題材なので、好き嫌いは分かれると思います。淡々とした描き方に、退屈してしまう人もいるかも。私は好きです。特に、宗教観を極力排除しているところ。
「死後の世界」は、宗教によって信じるか信じないかが、あるいは信じ方もたくさんあるようなので(「そんなものはない!」という宗教を信じている人にとっては、元から受け入れられないだろうけど)。そこら辺にしっかり気をつかい、「死後の世界」の描き方を割と共通したイメージだけでシンプルに、そして見せすぎないようにしています。「死後の世界」はどうあれ、「死」は誰にも必ず訪れるものだしね。
 その分、ケレン味がなくて、とても地味……。でも、真摯な映画だと思いますよ。
(★★★☆)
[Tag] * ★★★☆

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント