Top Page › 読書の感想 › キャロライン・リンデン › ●『子爵が結婚する条件』キャロライン・リンデン

2011 · 10 · 22 (Sat) 22:21

●『子爵が結婚する条件』キャロライン・リンデン

●『子爵が結婚する条件』キャロライン・リンデン(ライムブックス)
 父親から勘当され、金策に困ったスチュアートは、若く世間知らずの裕福な女性と結婚しようと目論んでいた。だが、彼女の後見人である叔母のシャーロットは、彼の思惑を見抜き、大胆な方法で本心を暴く。スチュアートはシャーロットに惹かれるが、それでも金に困っていることには変わりなく──。("What A Woman Needs" by Caroline Linden, 2005)

 読むのに時間がかかった……orz
 この作者と私、合わないのかしら(´д`;)。
 今回、ストーリーはけっこういいんじゃないかと思ったのですが、何だかキャラの魅力がいまいち。最初の方で「あれ?」みたいに思ってしまって、結局ほとんどヒーローヒロインに感情移入できないまま、終わってしまった。デビュー作だから仕方ないのかもしれないけど、読む方は知らんがな。
 ストーリーを進めるので精一杯という感じなんだけど、前半は特にその展開をヒーローヒロインのズボラさや独断に頼っているのが気になりました。そういうマイナス部分を補うこそのキャラ肉付けにうってつけの面白い題材(二人の過去など)があるのに、それをうまく使っていない。最初の方からそういうのを小出しにするとか、脇のエピソードで伏線を張っていくとかすれば、もっと魅力的になったと思うけどなあ。
 そこら辺をスマートに処理できれば、なかなか面白いものにもなったんじゃないかと思うのですがね……。どうもいろいろゴチャゴチャしたまま終わってしまったよ。作者、とても頭のいい人(ハーヴァード大卒)みたいですが……小説って難しいよね(´・ω・`)。
 あ、あとヒーローは子爵じゃないです。子爵のなのよね。
(★★☆)

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

こんばんは。私もこれを読むのにずこーく時間がかかりました。設定は悪くないのにモタモタダラダラといった印象が残っています。あと馬車代もない貧乏貴族の設定はちょっと・・・ この作家さんの他の作品、悪くないけど華がないというかパッと盛り上がらないで、私にとって要注意の作家さんなのです。
2011-10-24-17:47

たつのおとしご URL [ 返信 ]

やっぱり!

 たつのおとしご様
 コメントありがとうございます。
 やっぱりそうお思いになりましたか? よかった、私だけじゃなくて。
 そう、ヒーロー貧乏過ぎですよね(^^;)。貧乏ヒーローが嫌いなわけじゃないんですが、そこに魅力が上乗せされてなきゃ、ただの欠点に見えてしまいますよねえ……。
 私もちょっとこの作者さんはしばらく避けてしまいそうです……。
2011-10-24-19:37

三原白 http://miharashiro.blog5.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]